吉田羊 まだ結婚できない女の「魔性の名器」(3)

吉田羊 まだ結婚できない女の「魔性の名器」(3)

(提供:週刊実話)

熟々の隠れEカップ巨乳
「吉田の年下好きは、以前から有名でした。男の子供っぽい部分を見ると、母性本能をくすぐられるらしく、“手とり足とり何でも教えてあげたくなる”ようです。2人の仲が発覚した当初は、7連泊ならぬ“7連発”と揶揄されたものでした」(前出・小松氏)

 当時、ジャニーズの幹部はカンカン。
「各方面に圧力をかけて、吉田を干そうとしたようです」(芸能プロ関係者)

 しかし、昨年は吉田が出演した映画が5本公開され、今年は7月期、10月期と2クール連続で連ドラに出演。上半期CM起用社数でも9社と、相変わらずの売れっ子ぶりを見せている。
「もともと、共演者にも裏方にも分け隔てなく凄く低姿勢で接するので、業界内にファンが多いんです。武田鉄矢は、彼女の熱狂的なファンであることを認めています。日本人離れしたあの鼻がいいそうです」(プロダクション関係者)

 ジャニーズの思い通りにならなかった吉田のチャームポイントは他にもある。
「今回のドラマを見て驚きました。おっぱいが大きいのが、タートルネックのセーター越しにもよく分かるではありませんか。DかEカップだと思いますが、熟熟おっぱいに、どうしても目が行ってしまいますね。“アラフィフ・ヘアヌード”にチャレンジしてほしいとの声が、業界内から数多く上がっています」(大手出版幹部)

 そして、もう一つ。名器伝説だ。
「彼女はアキレス腱のサイドがくぼんでいるのですが、キレイなくぼみができる女性は“感度”もよく、“締まり”もいいとされているんです」(ベテラン女性誌記者)

 このところ、貫地谷しほり、多部未華子と、本人が出演していたドラマの放送終了後に結婚を発表する“流れ”があり、吉田も決して予断は許さないが、“宝の持ち腐れ”状態が続いていると思われる。
「焼酎のロックが大好きで、酒がメチャクチャ強い。酔わせてどうこうすることは考えない方がいい」(ドラマスタッフ)

“まだ結婚できない女”から目が離せない。

関連記事(外部サイト)