出廷したら“袋だたき”にされそうな元NGT・山口

出廷したら“袋だたき”にされそうな元NGT・山口

(提供:週刊実話)

アイドルグループ・NGT48の運営会社AKSが、元メンバーの山口真帆(24)への暴行事件で不起訴となった加害者でファンの男性2人に対し、3000万円の損害賠償を求めた民事訴訟の弁論準備手続きが28日、新潟地裁で行われたことを、各スポーツ紙が報じている。

 先月に行われた進行協議では、被告側は山口と私的なつながりがあったことを主張していたが、各紙によると、取材に応じたAKS側の代理によると、被告側は交流を裏付ける証拠を提出。

 代理人は集まった報道陣に対し、「原告の立場として『すごい証拠が出たね、分かりました』とは言えない。証拠能力は否定できない」とコメント。物証の提出を受け、早期に山口の証人尋問を行う必要性が高まったことも認めたというのだ。

「AKSの代理人であれば、本来は山口の“味方”であるはずだが、どうやら、山口とファンの“つながり”があることをアピールしたいようだ。もし、“つながり”が明らかになってしまうと、これまでAKSに向いていた批判の矛先が山口に向けられることになりそう」(芸能記者)

 山口の所属事務所・研音は各メディアに対し、本人に確認したうえで“つながり”があったことを真っ向から否定しているのだが…。

「仮に山口が出廷した場合、AKSの代理人と被告側の代理人から“袋だたき”にされてしまうだろう。所属事務所としてはそれは避けたいところ」(同)

 次回は11月25日、同地裁で弁論準備手続きが行われるというが、今後の展開が注目される。

関連記事(外部サイト)