“ラグビー芸能人”テレビ業界を席巻! 選手にもCMオファーが殺到!

芸能界にラグビーワールド杯特需 レイザーラモンRGや廣瀬俊朗らの露出が増加

記事まとめ

  • レイザーラモンRGなど、今回のラグビーワールド杯は芸能界に特需をもたらしたという
  • 高校時代、ラグビー部主将だった舘ひろしは、日テレの試合中継に出ずっぱりとなった
  • 元代表主将・廣瀬俊朗は『ノーサイド・ゲーム』での演技が絶賛され、解説も好評だった

“ラグビー芸能人”テレビ業界を席巻! 選手にもCMオファーが殺到!

“ラグビー芸能人”テレビ業界を席巻! 選手にもCMオファーが殺到!

(提供:週刊実話)

お笑いコンビ『レイザーラモン』のレイザーラモンRGが先ごろ、都内で行われた『吉本坂46』の2期生オーディションの一次審査合格者発表会にゲストとして参加。ラグビーワールド杯で日本代表主将を務めたリーチ・マイケル選手のものまね姿で登場した。

 およそ4年前からリーチのものまねを始めたRGは、本人から日本代表のジャージーやパンツをプレゼントされるなど親交もあるという。イベント後の取材では「最近はリーチと本当に呼ばれるようになった。この前もお祭りの営業で、子どもが僕に『リーチ!』と言ってきて平和な空気になった」と語った。

 RGに限らず、今回のラグビーワールド杯は芸能界に特需をもたらした。

 「やはりラグビー経験者の露出が増えましたね。高校時代、ラグビー部主将だった舘ひろしは大会PRキャプテンを務め、日テレの試合中継に出ずっぱり。応援マネジャーの小島瑠璃子も“にわか”ではなく、高校ラグビーの番組キャスターを4年連続で務めています。RGと同じ吉本芸人では、『中川家』の2人とケンドーコバヤシ、あとはラグビー芸人のしんや、こじまラテも仕事が増えました。また、元日本代表主将・廣瀬俊朗は企業のラグビー部を描いたドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS)での演技が絶賛され、試合解説も好評でした」(芸能記者)

 最近、バラエティー番組などで日本代表選手がよく見られ、大みそかのNHK紅白の出演も確実視されているが、中でも注目度の高い選手が「笑わない男」稲垣啓太選手。

 「無愛想なようでしゃべると面白く、実は女性人気ナンバーワン。CM業界が彼のギャップのある笑顔で商品をPRしようと狙っているそうですよ」(同・記者)

 ラグビー人気がバブルで終わらず、定着すればいいのだが。

関連記事(外部サイト)