浅田舞“失恋”のドン底…複数出版社が勧める心機一転のスッポンポン

浅田舞“失恋”のドン底…複数出版社が勧める心機一転のスッポンポン

(提供:週刊実話)

元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞が、恋人に“ポイ捨て”されるという悲劇が起きたという。舞の妹は、知っての通りバンクーバー五輪の銀メダリスト・真央だ。

 「舞と真央は、全く性格が違います。真央は先ごろ週刊誌が行った“好感度タレント”で上位に名を連ねる爽やか系。対して姉の舞は、現役時代からハデに遊び回っていたイメージ。真央とは相反する根っからイケイケ娘です」(スポーツ紙記者)

 舞は正式に引退宣言はしていないものの、現在、タレントとして活動。スケートイベントには時折、プロ選手として出場している。

 「スラッとしているのに、すごい巨乳。外国選手に負けない素晴らしいスタイルをしています。素質も十分にあった。でも本人は、厳しいスケートは真央、自分は楽しくと割り切っていた。だから、それほど練習熱心ではなく、日本のトップだったものの世界レベルにはなれませんでした」(同・記者)

 とはいえ、真央にないものが舞にはある。それは男関係だ。2年ほど前からロックバンド『ONE OK ROCK』のTakaと真剣交際。結婚を考えていたともウワサされた。

 「彼女は昔から“ワンオク”のファンだったといいます。特にTakaにゾッコンで、北米ツアーまでついて行ったことが女性誌に確認されています」(芸能ライター)

 Taka とは、離婚した森進一、森昌子の子供・森内貴寛のこと。かつてジャニーズ事務所に所属していたが、不祥事を起こしクビになっている。

 「ワンオクは、バンドとして大成功。Takaは小さいころから音楽環境に恵まれたせいか作詞・作曲の他、複数の楽器をこなす。将来は音楽プロデューサー進出も伝えられ、その才能は高いと評判。舞は、そんなTakaと結婚を考えていたようですが、実は二股だった。今、Takaにはモデルの恋人がいて、あっさり捨てられたそうです」(同・ライター)

 音楽の世界にはありがちな話だが、舞は相当に落ち込んだようだ。

 「舞は結婚後の新居を探していたほどだといいます。失恋を知った複数の出版社が今、気持ちの整理として“心機一転ヌード”を勧めているところです。爆売れは間違いありませんからね」(写真集編集者)

 スッポンポンになって心を落ち着けるのは、何よりの療法だ。

関連記事(外部サイト)