明石家さんまの“木下優樹菜擁護”に批判「バレなきゃ問題ないってこと?」

明石家さんまの“木下優樹菜擁護”に批判「バレなきゃ問題ないってこと?」

(提供:週刊実話)

11月23日、明石家さんまが、自身がパーソナリティーを務めるラジオ『ヤングタウン土曜日』(MRS)で、タピオカドリンク店への暴言騒動を受け活動自粛を発表したタレント・木下優樹菜について言及。その内容が物議を醸した。

 この日、同番組に出演した『モーニング娘。』の石田亜佑美がタピオカについて話そうとすると、さんまは「今、吉本的にタピオカの話できないんよ…乗ったら(夫の)フジモンのところにいってまうやろ…」と、声のトーンを下げた。続けて、「思えば(FUJIWARAの)原西が来て“宮迫さんのこと心配してる場合じゃないです、僕の相方のこと心配してください”と。みんな問題かかえてんのな」と、木下の夫である“フジモン”こと藤本敏史を慮り、「タピオカであんなことになるとはな。昔だったらケンカしても電話で済んでて、録音がなけりゃ普通の口ゲンカだったのが、文に起こすと…とうとう木下まで自粛かい。われわれの吉本の仲間が復帰するのどれだけかかんねん」などと、闇営業問題で吉本興業と契約解消した宮迫博之に絡め、「もう少しユッキーナには頑張ってもらいたかったけど…仕方ないですよね」と、タメ息をついた。

 この発言がスポーツ新聞のサイトで報じられると、ネット上では、
《昔だったらとか今ならとかの問題じゃない。あの恫喝は断じて許されるものではない》
《昔は電話で事務所総出でつぶすとか言ってたの? こっわ》
《いやいや、事務所総出でとか週刊誌にとか相手は素人のお店してる人だよ? 次元が違うから》
《何言ってるの、芸能人があんなやり方でさらしたり恫喝したら、お店1つつぶす影響力があるの分からないの? それを電話1本で謝れば終わりって。人の人生を何だと思ってるの》
《ええ…バレなきゃ問題ないってこと?》
 などと、さんまの「電話で済んでて」の発言に非難の声が殺到した。

 木下のタピオカ店経営者への暴言は《いい年こいたばばあ》といったものだけではなく《事務所総出でやります》といった恫喝とも取れる内容を送ったことが問題視されているのは承知の通り。しかも、被害に遭ったお店は木下のファンによって誹謗中傷を受け、営業妨害までされたという。そうした事実をさんまが知っていたかどうかは分からないが、被害者がいる以上、軽率な発言だったと言えるだろう。

 かわいい後輩の妻だからかばいたくなったのかもしれないが、言葉を慎重に選んだ方が良かったかもしれない。

関連記事(外部サイト)