“裁判入社”日テレ笹崎里菜アナがついに出番増!? ガマンで開花か花道か…

“裁判入社”日テレ笹崎里菜アナがついに出番増!? ガマンで開花か花道か…

(提供:週刊実話)

日本テレビの笹崎里菜アナといえば“内定”を取り消されたことに立腹し、裁判の末に入社したという変わり種。

「男性関係が問題だったとウワサされましたが、結局は入社できたので真相はヤブの中。とはいえ、局はしぶしぶ入社させた感がアリアリ。2015年の入社後、ずっと人気番組の担当がないままでした」(女子アナライター)

 そんな笹崎アナが、ようやく“注目”を集めているという。局に「認知」されたのか、それとも近い将来「退職」となるのか、テレビ関係者の間でも見方は真っ二つだ。

「完全に出世路線から外れていましたが、ようやく上層部が許したのかもしれません。早朝番組の出番が減ったからです。一方、画面から完全に消える可能性だってあります。入社時があまりにも衝撃的だったので、まだ不透明です」(同・ライター)

 笹崎アナはこの9月まで、朝4時スタートの情報番組『Oha!4 NEWS LIVE(おはよん)』の水、木出演が主。後は『シューイチ』で部分的に見掛ける程度だった。

「おはよんは朝5時20分までですが、早起きでないと、彼女の顔など知らないでしょう。しかも番組はフリーアナが中心。入社して“即窓際行き”になったという感じしかありませんでした」(同)

 しかし、今年10月から彼女の担当番組が微妙に変わる。おはよんは月曜日のみに出番減。一方で『ヒルナンデス!』『情報ライブ ミヤネ屋』に登場するようになった。

「両番組とも曜日担当。ニュースなどで映るのですが、以前に比べ昼間に出るようになったのは確か。露出時間が増えたかは微妙ですが、朝も昼も見掛けるようになった気がします」(テレビ雑誌編集者)

 こうした出番をどう見るか。確かに捉え方は両極端のようだ。

「これまでの日陰的な扱いに耐えたので、ようやく普通の局アナとして認められたという見方はあります。反面、視聴者が多い昼の出番を多少増やしただけで、朝は減り、それで終わり。日本テレビでは、不要になると部署替えも行う。過去にSアナやNアナなども、問題があって部署替え。彼女たちは辞めました。笹崎アナも異動前の花道ってこともあり得ます。結果は来春を見て、でしょうか」(前出の女子アナライター)

 果たして吉か凶か。

関連記事(外部サイト)