夫・フジモンが番組で公開謝罪もまだまだ世間の怒りを買い続ける木下優樹菜

夫・フジモンが番組で公開謝罪もまだまだ世間の怒りを買い続ける木下優樹菜

(提供:週刊実話)

お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(48)が、30日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演し、芸能活動自粛を発表した妻でタレントの木下優樹菜(31)の姉の勤務していたタピオカドリンク店店主に対する“恫喝DM騒動”を謝罪した。

 番組中、話題が妻の騒動に及ぶと藤本は、「すみません。本当にご迷惑をおかけして…」と神妙な面持ち。自身、木下、木下の母で、先方にアポなしで謝罪に訪れたことを説明。相手は不在だったそうで、「後日、直接電話してもらえませんかと」と言われたことを明かした。

 共演したほんこん(56)は、「夫婦の問題はダンナにも責任がある。やっぱり言わなあかん、お前が」という厳しい指摘。すると藤本は神妙な表情で「はい」と納得した様子で聞き入った。

「所属する吉本としては、吉本の芸人ばかりの番組で謝罪させるのがベストと判断したようだが、ほんこんは世間の声を代弁するかのような鋭い指摘。しかし、おそらく番組で謝罪するのはこれっきりでは」(テレビ局関係者)

 藤本の謝罪に対してネット上では、〈夫婦共々、人間性に問題があるからこういう事になる〉、〈テレビで取り上げられたから反省してます感が否めない〉などと相変わらず厳しい声のオンパレード。

 木下のインスタグラムのコメント欄には6万件を超えるコメントが寄せられているが、新たな疑惑を指摘する声も上がっている。

「騒動後、インスタのフォロワーが減るどころか増え続けている。そのため、ネット上ではフォロワー購入疑惑が指摘され始めている」(芸能記者)

 疑惑のままならいいが、事実ならまたまた騒動に発展しそうだ。

関連記事(外部サイト)