木村拓哉“ソロライブ”発表に心配の声「空席だらけになるんじゃ…」

俳優の木村拓哉が来年、初のソロライブを行うことが発表された。2020年1月に発売されるソロデビューアルバムを引っ提げ、来年2月8日、9日に東京・国立代々木競技場第一体育館、2月19日、20日に大阪城ホールで計4公演を行うという。木村はソロでの音楽デビューが決まった当初から、「せっかくCDを出させていただくので、みんなと騒げる場所(ライブ)も真剣に考えたい」と公言。これを実現させた格好だ。

 木村はライブ発表に際し、《ようやく騒げる場所が決定致しました。なるべく皆さんと近い距離で楽しみたいと思ったので、東京と大阪の会場を選ばせていただきました》と報告。《こちらも本番を楽しみに準備を始めているので、皆さんぜひ騒ぎに来てください!》と、気合い十分のコメントを残した。

 ネット上では早速、話題沸騰。ツイッターでは、
《今から楽しみではありますがチケット争奪戦…考えたくない》
《東京、大阪かぁ チケットはやはりFC会員なのかな》
《ライブ東京と大阪だけってことはないですよね? とりあえず、なんですよね? 木村拓哉ファンクラブも発足するんですよね??》
《ぜひ遊びに行きたい〜》

 など、大興奮の声が相次いだ。しかし、匿名掲示板では、
《皆さんと近い距離っていうなら全国津々浦々を回るライブハウスツアーにすれば良かったのに》
《SMAP5人ならまだしも、キムタク1人のナルシスト熱唱&自分酔いトークで2時間はキツイ》
《売れてる後輩をゲストとして巻き込むのかな?》

 などと、批判的な声ばかり。しかも、
《大丈夫か? 集まるか?》
《空席だらけになるんじゃ…》
《ファンじゃない私からしたら、アリーナツアーでも会場埋まるの?って思うけど…》
《空席祭りになりそう》

 など、集客を心配するコメントも投稿された。おまけに東京のライブ会場は元『SMAP』の稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛の3人が来年3月にファンミーティングを行う会場でもあり、
《数ある会場の中からわざわざ新しい地図のファンミーティングと同じ場所を選ぶ意味あるの?》
《ライブの方が日程早いけど、元SMAPの面々はどんな気持ちでニュースをチェックするんだろうね》
 などの意見もあった。

 果たして木村は、ライブでどんなパフォーマンスやファンとの掛け合いを見せるのか? 注目が集まる。

関連記事(外部サイト)