ボートレース ★PGⅠ『BBCトーナメント』の見どころ【後編】

ボートレース ★PGⅠ『BBCトーナメント』の見どころ【後編】

(提供:週刊実話)

先週に引き続き、今週も『BBC(ボートレースバトルチャンピオン)トーナメント』について検証したい。今回は出場選手を紹介しながら、優勝戦線を探っていきたい。

 開催地が平和島だけに、東京支部が地元として期待を集めるが、「関東勢」として推薦したいのが、今年の賞金ロードを突っ走る毒島誠である。平和島水面では、今年の関東地区選手権こそ振るわなかったが、昨年に当地周年記念を制覇しており心配ない。

 そして、忘れてはいけないのが濱野谷憲吾。10月の津GⅡを制し、来年の地元クラシック出場を決めた。そのSGに向けても今回、意地を見せたいところだ。

 その濱野谷以上に「結果」が欲しいのが、同じく地元の長田頼宗。こちらは来年のクラシック出場へ、限りなく赤に近い黄色信号が灯っている。今回と、次節の三国GⅠのいずれかを優勝しない限り、クラシック出場は遠のく。東京支部エース格の1人として、並々ならぬ思いで臨むだろう。

 他地区も今村豊、今垣光太郎、松井繁、太田和美、深川真二、守田俊介、原田幸哉、瓜生正義、吉川元浩、赤岩善生、井口佳典、田村隆信、馬場貴也、篠崎元志、茅原悠紀、桐生順平など豪華すぎる顔ぶれ。女子も大山千広をはじめトップクラスが多数参戦し、まるでSGオールスターのようだ。

 一走一走が勝負となる第1回のBBC。水面際でじっくりレースを楽しもう!

関連記事(外部サイト)