特選公開! 大女優22名時代劇「着物全裸濡れ場」総選挙(2)

特選公開! 大女優22名時代劇「着物全裸濡れ場」総選挙(2)

(提供:週刊実話)

湯けむりに浮かび上がる極上乳房

 また、『さくらん』では主演の土屋よりも、濡れ場では菅野美穂(42)が強烈なインパクトを残している。
「菅野が演じたのは主人公・きよ葉の面倒を見る先輩女郎の粧ひ。男の大きく粗野な手で後ろから胸を鷲掴みにされて激しく揉みまくられ、乳首こそ見えないものの、推定Dカップの美乳が柔らかそうに形を変えます。さらに、騎乗位のシーンではスベスベの背中からしなやかな腰のくびれ、たわわな横乳の膨らみ、お尻の割れ目までがバッチリ拝める。激しい上下動とともに、いやらしい叫び声を上げてしまいます。その一部始終を覗いていた、売られてきたばかりのきよ葉の眼差しに気付き、妖しく微笑む菅野にゾクゾクさせられるんです」(時代劇ライター)

 ’02年の映画『海は見ていた』は、江戸時代に花街として栄えた深川を舞台にした遊女たちの物語。2度目の結婚も55日で離婚した、元朝ドラ女優の遠野なぎこ(40)が脱いでいる。
「追っ手から逃げる侍をかくまうために裸になり、目のやり場に困った追っ手が深追いできないようにするシーンでおっぱいをポロリ。A〜Bカップと、膨らみをほとんど感じさせない控えめサイズながら、乳首は色が濃く、小さく、感度がギュッと詰まったようなエロさ。永瀬正敏との濡れ場では、両手で左右から寄せ上げられ、その乳首がツンと尖るのが確認できます」(前出・映画ライター)

 そして、遊郭もので忘れちゃならないのは、九州・熊本にあった「東雲楼」を描いた、’94年『東雲楼・女の乱』である。かたせ梨乃、斉藤慶子(58)、鳥越まり(54)らの裸が拝める、隠れた名作エロ映画なのだ。
「隠れ巨乳説があった斉藤は、強引に着物を脱がされて美乳を露出。鳥越まりは、真っ赤な襦袢姿で廊下を猛ダッシュ。はだけた推定Eカップの美巨乳が上下左右にユッサユッサ揺れるシーンもありますが、やはり、迫力ではかたせ梨乃と津川雅彦とのファックシーンが最高。仰向けになって横に流れても圧倒的なボリュームを感じさせる豊満すぎる爆乳。足を肩に担がれて奥深くに侵入を許し、思わず顎を上げて感じてしまう演技。大人の女の魅力を、彼女から学んだ男性は多いはずです」(映画情報担当)

 この遊郭に次いで、エッチな妄想を掻き立てられるのが「大奥」ではないだろうか。将軍の寵愛を受けようと女たちが火花を散らす“色”なしには描けない世界なのだから、当然である。

 ’86年の『大奥十八景』では、TBSドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』の岡倉葉子役でおなじみの野村真美(55)が美しいヌードを披露し、エロ切ない濡れ場を演じてくれた。
「その美しさと優しい心を将軍に見染められ、初めて交わるシーンです。当時の野村は22歳。真っ白な襦袢を脱がされて丸出しになるおっぱいはパンと張りのある推定Dカップの超美乳。そっと手を触れる将軍の指先の動きに、ピクッと反応して呼吸を荒くし、目を閉じて体をあずける姿が実に美しいのです。次のシーンでは1人全裸に剥かれ、膝に乗せられて全身を撫でられると大きくのけぞり、大きな声が漏れないように自分の人差し指をぎゅっと噛む姿が、なんともエロく萌えるのです」(同)

 十一代将軍・家斉の第十七男、清水斉道の恋を描いた『雷桜』(2010年)では、ヒロインを演じた蒼井優(34)が、なかなか大胆な演技を見せている。
「蒼井は、心の病にかかった斉道(岡田将生)が出会った、自由奔放な娘・遊を演じています。心惹かれ合いながらも別れを告げた斉道に“殿が欲しい”と涙を流して懇願すると、殿はたまらずディープキス。服を脱がされる時も、じっと殿の顔を見つめる蒼井の表情にはグッと来るものがあり、はだけた乳房を隠しながらも、意外にも豊満な谷間が露出します」(週刊誌記者)

 稀代の浮世絵師・葛飾北斎の波乱の人生を描いた’81年の『北斎漫画』は、田中裕子(64)と樋口可南子(60)が艶かしい裸体を堂々披露。体当たり演技が話題を呼んだ名作だ。
「田中は、緒形拳演じる北斎と一緒に暮らす三女役。半裸で昼寝の登場シーンで度肝を抜かれます。描けなくなり、弱音を吐く北斎に“裸描きたいか!”と言って自ら帯をとき、着物を脱ぐと、真っ白な肉体が薄暗がりの部屋の中で生々しく浮かび上がります。美乳で推定Bカップと小ぶりながら、小さな乳首は素肌との境目が分からないほどの薄ピンク。その美しい姿に何かを閃いた北斎の“横向け”の指示に黙って従い、見せる横顔の妖艶に驚かされます」(前出・映画評論家)

 同作での樋口の妖怪じみた美しさも、時代劇作品だからこそ描けたものだろう。
「その気もないのにわざと北斎に股を開いて挑発するなど、何を考えているのか分からない“魔性の女”お直を、その美しい肉体を一切の出し惜しみなく妖しく演じます。後半は、お直にそっくりの田舎娘として再登場し、春画『蛸と海女』の創作シーンで巨大な蛸と絡み合うんですから、ソフトバンクのCMでしか彼女を知らない若い世代が見たらビックリでしょう」(同)

 樋口は、’89年の『座頭市』で見せた、勝新太郎との温泉ファックも有名だ。

 賭場でのトラブルをとりなしてくれた、樋口演じる女親分・菩薩のおはんと惹かれ合い、闇夜の露天風呂で激しく体をぶつけ合うという、男女の理屈を超えた展開がいい。
「“離れがたいってこういうことを言うのかしら。好きよ、私、好き”と迫るのは樋口の方。勝は初めは照れたように背中を向けていますが、樋口の顔、そして体を確かめるようにゆっくり撫で回していると、樋口は次第に感じ始め、勝が触りやすいようにと湯から身を乗り出していきます。肩口から背中、太ももにまで彫られた美しい刺青が暗闇の中で浮かび上がる頃には、照れていた勝もすっかり欲情しており、なんとお湯の中に身を潜め、樋口の体の敏感な部分を責め始めるんです。そんな勝の豹変ぶりに興奮し、快感を貪るように体をくねらせる樋口のボディーの悩ましいこと。風呂の縁に手をつかせてバックから突き上げる勝に、“いいっ、いいぃ〜〜”と叫び声を上げながら、絶頂に達してしまいます」(同)

 もうこれで十分なはずだが、勝と樋口のサービス精神は、さらなる絡みを見せてくれるのだ。
「今度は勝が樋口の乳房を激しくなぶりはじめるんです。新たな快感に、思わずのけぞった樋口の乳房が湯けむりの中で露わになります。その美乳は、なおも続く激しい愛撫によって、揺れ続けるんです」(同)

 このシーンのすごいところは、実は物語の展開上、どうしても必要なものというわけではないことだ。
「その裸で映画の導入を華やかに盛り上げ、その後のストーリーへの期待感を盛り上げる役割を、十二分に果たしている…とは言えなくもありませんが、監督も務めている勝が楽しむだけのシーンという方が正解かもしれませんね」(同)
(明日に続く)

関連記事(外部サイト)