ロンブー淳“新会社設立”発表で気になる相方・亮の厳しい復帰舞台

ロンブー淳“新会社設立”発表で気になる相方・亮の厳しい復帰舞台

(提供:週刊実話)

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が12月2日、ツイッターを更新。闇営業問題で現在、活動自粛中の相方・田村亮と新会社の設立を発表した。

 淳は、《このたび、活動自粛中である田村亮と私、田村淳で株式会社LONDONBOOTSという会社を設立致しました。私が代表取締役として、会社の運営をしていきたいと考えております》と発表。また《今回の闇営業問題、コトの発端は反社会的グループの主催のイベントだとは知らかったとはいえ、参加してしまい、そのイベントでギャラをもらっていたにもかかわらず、公の場で田村亮がギャラをもらっていないと嘘をついたことがきっかけでたくさんの人に迷惑を掛けることになってしまいました。本当に申し訳ございませんでした》と、あらためて相方の不祥事を謝罪した。

 さらに、《今後どのような形で芸能活動を再開できるのか、現時点では全く何も決まっていませんし、復帰の話などは時期尚早だと思いますが、亮と何度も話し合いして、今後の人生で再び芸能活動をしたいという本人の意思を受けて、2人で会社を作ることになりました。いつの日か芸能活動の再開が許されたときに初めて動き出す会社です》と、経緯を説明。その上で、《吉本興業から独立するための会社ではなく、田村亮と吉本興業をつなぐための会社です。今回、世間に対して嘘をついたことは、決して許されることではないですが、亮には嘘をついたことを謝罪して、しっかりと反省して、次に進む姿を見せてほしいと思いますし、私もそれを厳しく見守りつつ、支えていきたいと思います》と表明した。

 淳のツイートには1000を超えるメンションが届き、《会社設立イイことだと思います。頑張って下さいね》
《ロンドンブーツ1号2号でテレビ復帰することを願ってます》
《亮さんを甘やかすことなく、見捨てることなく、彼の家族のことも考え、これからの道筋もつくる。人間力も行動力もすごいです。尊敬します》
 などといった励ましの声で埋め尽くされた。

 一方、芸能人には厳しい匿名掲示板でも、
《頑張れ。宮迫よりは応援してるよ》
《淳は亮くんを助けたいんだよね。騒動の発端のころからそういう姿勢は見えて、普段の淳はそんな好きじゃないけど亮くんには誠実で良いなと思った》
《会見のときも亮君の方は誠実に謝ってる、反省してるのが伝わった。あのときついた嘘は致命的だったけど、本来の亮くんに戻れるならきっと二度と同じ過ちはしないだろうから、信じられるかも。宮迫は否だけど》
 など、こちらも賛同の声が圧倒的だった。

 しかし、淳の言うように亮の復帰は未定で、現在、吉本と復帰に関する交渉も進んでいない状態だ。しかも亮は7月に行われた謝罪会見で、吉本への不信感をあらわにしている。

 淳は吉本からの独立は否定しているものの、亮の復帰に関しては先が見えない。12月1日にユーチューブチャンネルを開設しているが、もしかしたら亮の復帰舞台のために作ったのもしれない。

関連記事(外部サイト)