起訴されても沢尻エリカ被告が所属事務所をクビにならなかった理由

起訴されても沢尻エリカ被告が所属事務所をクビにならなかった理由

(提供:週刊実話)

麻薬取締法違反の罪で起訴された女優沢尻エリカ被告(33)が6日、保釈保証金500万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 同署の正面玄関前には多くの報道陣が集結していたが、沢尻被告は報道陣の前に姿を見せることなく、同署の裏口から迎えの車に乗り込んで同署を後にした。

 沢尻被告は東京・目黒区の自宅マンションでMDMA約0.198グラムが入ったカプセル2錠の他、LSDのしみ込んだ紙や液体を所持した罪に問われ、6日に起訴されていた。

「通常の場合、起訴されたら所属事務所との契約を解除されるケースが多い。おそらく、沢尻もそうなると思われていたが、予想外の展開となてしまった」(芸能記者)

 所属事務所のエイベックス・マネジメントは同日、マスコミ各社に対してコメントを発表。そこに書かれていたのは「弁護士も含む専門家の指導の下、本人を更生させるための支援をします」という文言。さらに、処遇については、「今後の裁判の結果を踏まえ」としているのだ。

「沢尻がエイベックス入りしたのは、同社の松浦勝人会長のゴリ推しがあったから。そんな経緯があったため、『クビにすることはないのでは』とささやかれていたがその通りだった。守られている限り、沢尻はいつまで経っても反省しないのでは」(芸能プロ関係者)

 今後、その姿を見せる機会は、おそらく年明けに行われるであろう、初公判までなさそうだ。

関連記事(外部サイト)