番宣疑惑が浮上した高畑充希と相武紗季の不仲報道

番宣疑惑が浮上した高畑充希と相武紗季の不仲報道

(提供:週刊実話)

女優の高畑充希(27)が7日、自身のインスタグラムを更新し、主演を務める日本テレビの連続ドラマ「同期のサクラ」で共演している女優の相武紗季(34)との仲むつまじいツーショット写真を掲載した。

 2人をめぐっては、一部週刊誌が、撮影現場でガチンコバトルが勃発していたことを報道。

 相武が差し入れたコスメを高畑が受け取らなかったり、高畑の差し入れに相武が嫉妬するなど“冷戦状態”であることを報じた。

 高畑は相武に右ストレートをかましている写真を掲載。〈ネットニュースと週刊誌によると私と相武さんは現場でバチバチらしいので再現してみた。笑〉と写真の意図を説明。

 続けて、〈記事の捏造は毎回普通に傷つくのでやめていただけると助かります(サクラ風)笑芸能人も人間なんだぜ〉と事実無根であることを主張した。

 報道が掲載された週刊誌の発売前日に放送された第7話は、これまでの放送で最高の12.2%(以下ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。しかし、報道後に放送された第8話は10.8%にダウンしてしまった。

「今思えば、最終回に向けて盛り上げようと、番宣のような目的で不仲説を関係者がリークした可能性も浮上しているが、まったくアテが外れてしまったようだ」(テレビ局関係者)

 高畑の“ネタばらし”でドラマへの注目度はダウンしそうだ。

関連記事(外部サイト)