斎藤工『昼顔』の“北野先生”秘話を告白「撮影現場で…」

斎藤工『昼顔』の“北野先生”秘話を告白「撮影現場で…」

(提供:週刊実話)

12月8日、都内で映画『MANRIKI』とアパレルブランド『B.C STOCK』とのコラボイベントが開催され、俳優の斎藤工とお笑い芸人の永野が出演した。

 永野、 斎藤工、 金子ノブアキ、 清水康彦を主要メンバーとする「チーム 『MANRIKI』」により製作された、 ブラックコメディー映画『MANRIKI』。斎藤は今作で美容外科の先生を演じているが、これまでは『昼顔』でさわやかな北野先生を、またバラエティー番組で“サンシャイン池崎”の全力モノマネなど、さまざまな顔を見せてきた。

 報道陣から「どの役が好きか」と質問が上がると、「どれも思い入れがありますが…」と前置きした上で、「北野先生は内に籠る人で、演じるよりも自分の中にあります。撮影現場で『撮影中なんで』と止められたくらい地味な人でしたが、作品としては間違っていないキャラで、最も地味で好きなキャラです」と回答。

 さらにサンシャイン池崎については「(北野先生とは)逆サイドの展開。バラエティーで『サンシャインさんを』と言われますが、疲れるんでできない」と笑いながら告白する。

 そして新作の『MANRIKI』については「楽しく、役作りなく、紆余曲折あり、その間に永野さんの悪と自分の中にあるものがシンクロしてしまって、現場に入れた初めての作品です」と自信をのぞかせた。

 なお“本当の斎藤”は、「声もぼそぼそとゆっくりしゃべるタイプです」とのことだ。

関連記事(外部サイト)