長澤まさみ“エロ探求心”底なし! ゲテモノ料理をペロリでバレた!?

長澤まさみ“エロ探求心”底なし! ゲテモノ料理をペロリでバレた!?

(提供:週刊実話)

「あれはエロ過ぎましたね。まさに“欲求不満”ぶりを見せつけたようなものでしょう」

 テレビ雑誌記者がそう興奮するのは、11月21日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)にゲスト出演した女優・長澤まさみのこと。最近のストレス解消法についての話題の中で、大食い系のYouTube動画にハマっていると明かし、特に大食いファイターとしておなじみの“もえあず”こと、もえのあずきがおいしそうに食べまくる動画を見て、癒やされていると告白したのである。

「食と性は、どちらも人間の本能的欲求で、相関関係が深いことで知られています。自分がとても食べられないほどの量を食べるもえあずの動画で癒やされているということは、自分の経験したことのない“性”への願望とも考えられます」(女性誌ライター)

 さらに、“今一番やりたいこと”として、「おいしい昆虫食を食べること」と言い、スタジオに登場した“ゲテモノ料理”に目を輝かせた。

「昆虫料理研究家が考案したという、こおろぎ100匹を使用した“こおろぎラーメン”が紹介されるや、何のためらいもなくスープを口にし、豪快に麺をすすり上げ、『臭みも何もないし、香ばしい! おいしい!』と大絶賛していましたね」(前出のテレビ雑誌記者)

 これをどう解釈すべきか。

「こおろぎラーメンを、ためらいなく食べられるほどの食への好奇心は、“性”に置き換えると、まだ知らないプレイや快感への好奇心の強さを表していると考えて間違いないでしょう。テレビでそんな姿を嬉々として見せるわけですから、そういう自分も知ってもらいたいという気持ちもありそうです」(前出の女性誌ライター)

 かつては、大物タレントとの熱愛疑惑でマスコミをにぎわせた長澤だが、2014年に俳優・伊勢谷友介との破局が伝えられて以降、男の影が見えてこない。32歳のお色気盛りのFカップボディーを持て余しているのだろうか。

 ある芸能関係者は、「特定の存在はいないかもしれませんが、それなりに充実しているのではないでしょうか」と語る。

「もともと彼女は下ネタ好きでも有名。ドラマの現場で下ネタを言い過ぎて、上野樹里に共演NGにされたこともある。現在は、村西とおる監督の半生を描いた『全裸監督』を絶賛しており、出演を熱望しているといいます。また、ドラマの打ち上げでエロ話で盛り上がり、『マジックミラー号×アクメ自転車』や『顔は東京、カラダは車内。』などの企画モノに興味津々だったという話もありますからね」(ドラマ関係者)

 最近の長澤がますます美しくなったのは、あくなき“探求心”が理由かも!?

関連記事(外部サイト)