ボートレース ★住之江SGグランプリは地元・石野貴之が中心!

ボートレース ★住之江SGグランプリは地元・石野貴之が中心!

(提供:週刊実話)

いよいよ1年間の総決算である『SGグランプリ』が、聖地・住之江にて17日より開催される。今年の1億円バトルはどう推移するのか展望したい。

 モーター抽選も上位機ばかりだけに、機力差は大差ない。例年の傾向から考えて、やはりトライアル2ndからの出場組が絶対有利なのは言うまでもない。

 中でも2nd初戦に1号艇から発進できる選考順位1位の毒島誠、2位の吉川元浩は、大きなアドバンテージがある。しかし、今回ばかりは地元・石野貴之に本命を打ちたい。

 石野は、先のSGチャレンジカップで2年ぶりのSG制覇。秋口には地元・住之江でGⅠ高松宮記念を制しており、完全復調しているからだ。舞台は地元だけにイチ推ししたい。

 同じく2nd組の峰竜太、桐生順平、瓜生正義も2戦目以降の枠番抽選の流れ次第では、一気に台頭してくるだろう。従って、「抽選運」がかなりのウエートを占めそうだ。

 また、1st組からは柳沢一、井口佳典、馬場貴也、白井英治、田村隆信、徳増秀樹、菊地孝平、太田和美、池田浩二、今垣光太郎、平本真之、茅原悠紀が出場。どこまで2nd組を脅かせるか。初日の1回戦から目が離せない!

関連記事(外部サイト)