中居正広の絶妙な“アシスト”があった元SMAP3人の地上波復帰

中居正広の絶妙な“アシスト”があった元SMAP3人の地上波復帰

(提供:週刊実話)

元SMAPの稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)が昨年おおみそか、日本テレビ系「ガキの使い! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」に出演し大暴れした。

「同番組は紅白の裏では民放トップとなる視聴率16.2%を記録したが、3人のMVP級の活躍があったからこその数字。3人の中でも草なぎは、昨年話題になったNetflixで配信されたドラマ『全裸監督』のモデルとなった村西とおる監督にふんし、ブリーフ一丁で肩にカメラをかついで登場。ダウンタウン・松本人志に『ズバリ、あなたは中居派?草なぎ派?』と中居正広をネタに切り込むなど、際どすぎるネタで爆笑を誘った」(テレビ局関係者)

 思い起こせばSMAPが解散した16年おおみそかの夜、木村拓哉(46)を除いたメンバー4人が都内の焼き肉店に集まり、会食をしていたことが報じられ、4人のきずなの深さが知れ渡っていた。

 発売中の「女性セブン」(小学館)によると、中居が松本と食事をした際、3人が年末の特番に出演できないか、と売り込みをかけ実現。そんな中居の行動を知った3人は全力で番組を盛り上げたといのだ。

「早ければ、夏のパラ五輪関連の仕事で3人と中居の共演が実現するのでは。3人は国際パラリンピック委員会の特別親善大使などをつとめているので期間中はフル稼働することになりそう。すでに中居はジャニーズ退所を決断しているという情報もあるだけに、中居の契約が切れる3カ月前の6月に大きな動きがあるのでは」(芸能プロ関係者)

 そうなったら、SMAP再結成は永久になさそうだ。

関連記事(外部サイト)