辛坊治郎氏に“文春砲”が炸裂 文春を「糞メディア」呼ばわりし、陰謀論を唱える

記事まとめ

  • 辛坊治郎氏が日本テレビの女性社員に対してパワハラを働いたと『週刊文春』が報道した
  • 辛坊氏は文春の直撃取材に「私が脅せるわけはない、分かるでしょ?」とパワハラを否定
  • 辛坊氏は「実は問題の背景に某国の陰謀があると睨んでいる」などと陰謀論を唱えた

パワハラ疑惑の“文春砲”を食らった辛坊治郎氏VSネット民がヒートアップ!

ニュースキャスターの辛坊治郎氏に“文春砲”が放たれた。

 1月9日発売の『週刊文春』によると、辛坊氏が司会を務める『深層NEWS』(BS日テレ系)の放送終了後に、日本テレビの女性社員に対してパワハラを働いたという。プロデューサーの女性社員が、帰ろうとする辛坊氏を日テレの玄関口の車寄せのところで呼び止めて番組内容について話し合いをしていたところ、次第にお互いにエスカレートして口論に発展。押し問答の末、辛坊氏は壁に手を突き、いわゆる“壁ドン”の格好で女性社員に向かって「お前なんかいつでも飛ばせる」などと怒鳴ったというのだ。

 女性社員は一時、体調を崩して会社を休む事態となり、コンプライアンス担当の部署に訴えたそうだ。辛坊氏は文春の直撃取材に対してこう答えている。
《私が脅せるわけはない。私は出入り業者で、向こうはチーフプロデューサーもいる。どっちが立場が上か、分かるでしょ?》

 と、パワハラを否定。さらに、
《ちゃんと事実関係を詰めてくださいと。私もはらわたが煮えくり返る思いなんです》
 と、不快感をあらわにした。日テレは文春の問い合わせに対して事実だと認めた上で、
《辛坊氏と報道局幹部が話をして、辛坊氏からは『帰り間際に呼び止められ、番組の内容についての議論になったものだが、ショックを与えたとしたら全く本意ではなく申し訳なかった』旨の表明がありました》
 と、回答している。しかし、辛坊氏は怒りが収まらなかったのか、8日に公認アカウントでツイッターを更新。

《実は問題の背景に某国の陰謀があると睨んでいる。文春もついにかの国の手に落ちたようだ。私はこの人権侵害の糞メディアを絶対に許さない! 買わずに立ち読みして、どんな嘘が並べられてるかじっくり読み解いて下さい。でもスタッフは真実を知っている。それだけが私の救いです》
 何と陰謀論をぶち上げた。これにツイッターユーザーが反応。

《上空のヘリコプターから見て、どこの県民か分かる辛坊さんこんにちは》
《女性社員に壁ドンしてパワハラしたそうですね。文春にリークされたんですか?(笑)》
《辛坊先輩、某国から狙われる程の大物だったんですね! いやあ、すごいわ!》
《最近、何か都合が悪くなると《陰謀》とのたまう大人増えたね》
《きっとヨットの遭難は某国の陰謀だったに違いない》
 など、小馬鹿にするようなツイートが投稿された。

 辛坊氏とネット民との“小競り合い”は、しばらく続きそうな気配だ。

関連記事(外部サイト)