まさかの打ち切り説も浮上した「NHK紅白歌合戦」史上最低の視聴率

「NHK紅白歌合戦」が低視聴率 内村光良のコントや星野源"おげんさん"を問題視する声

記事まとめ

  • 『第70回NHK紅白歌合戦』が昨年の平均視聴率を大幅に下回り、2部は紅白史上最低だった
  • ウッチャンナンチャン内村光良、嵐・櫻井翔、綾瀬はるか、和久田麻由子アナが司会した
  • コント番組『LIFE!』に乗っかった内村のキャラや星野源『おげんさん一家』が問題とも

まさかの打ち切り説も浮上した「NHK紅白歌合戦」史上最低の視聴率

まさかの打ち切り説も浮上した「NHK紅白歌合戦」史上最低の視聴率

(提供:週刊実話)

NHKの上層部が、まさかの結果に悲鳴を上げている。令和最初の紅白として注目を集めた『第70回NHK紅白歌合戦』の平均視聴率が、1部34・7%、2部37・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、昨年の視聴率(1部37・7%、2部は41・5%)よりも大幅に下回ったばかりか、2部においては紅白史上、最低の視聴率を記録してしまったのだ。

「視聴率分析表を手に、関係者は皆、暗い顔をしていました。今年の紅白はヘタをしたら放送時間を削られる可能性も出てくる。報道局を中心に、紅白の打ち切り話が出るのも時間の問題だからです」(事情通)

 正直、この結果にNHK関係者はショックを隠せない。総合司会には、3年連続となる人気お笑いコンビ『ウッチャンナンチャン』の内村光良、白組司会には『嵐』の櫻井翔、紅組司会に女優の綾瀬はるかをキャスティング。さらにサポート役として同局のホープと目される和久田麻由子アナウンサーを配し、万全の体制で紅白に臨んだからだ。

 今回、惨敗したのは、真裏に放送された日本テレビの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』に食われたことは当然だが、それ以上に深刻な問題がいくつも指摘されている。その理由を、民放関係者は次のように解説する。

「コント番組『LIFE!』に乗っかる形で内村が演じた三津谷寛治のキャラが、全くウケていなかったこと。加えて星野源が“おげんさん”に扮する『おげんさん一家』も、コンセプトが今一つ理解できなかった。NHKがあえて笑いを取りに行くよりも、歌合戦と称しているのだから、出演アーティストを充実させるべきだった。話題の米津玄師がVTR出演、あいみょん、スピッツなど、目玉になるべきアーティストがドタキャン。結局、ジャニーズとAKB48、坂道グループに頼る構成に、視聴者がソッポを向いたわけです」

 NHKの技術的な粗も、今回は目立ったという。

「島津亜矢が中島みゆきの名曲バラード『糸』を歌唱中に“ゴソッ”という大音量の雑音が混入したんです。民放なら放送事故レベル。そればかりか、中継もスタッフの頭が何度もカメラに見切れるなど、あり得ないカメラワーク。現実に戻され、チャンネルを変えた視聴者は相当数いますよ」(テレビ関係者)

 そんな中、早くも囁かれているのが制作費削減案だ。

「紅白の制作費は3億円〜。あり得ない金額を湯水のように使用し、視聴率がワーストだなんて、絶対にありえません」(前出・事情通)

 どうやら、大きな曲がり角にきているようだ。

関連記事(外部サイト)