噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 田中みな実(33)ベッドで相手男性はガッカリ?

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 田中みな実(33)ベッドで相手男性はガッカリ?

(提供:週刊実話)

フリーアナウンサーの田中みな実が、昨年12月の〈好きな女子アナランキング〉(オリコン)で、一昨年の10位から一気に2位に躍進した。

 これまで一貫してブリッ子キャラを売りにしてきた彼女。けれど顔相を観る限りでは、これはあくまでタレントとして演じているキャラで、内実は理知的で冷静沈着な頭脳派。感情や気分に流されずシビアな判断を下すため、「計算高い」印象も持たれやすくなる。

 彼女は黒目が大きく、精神的な情愛は豊か。反面、唇は薄く、性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の膨らみもやや乏しく、肉体的なエロスのポテンシャルは高くない。

 鼻が大きく、高さも長さもある上にやや段鼻なのはプライド高き自信家で、我もいたって強い。目頭に切れ込みがなく、唇の歓待紋(細かな縦皺)も多くなく、ベッドに上がっても自ら積極的に性戯奉仕するタイプではなく、相手男性はガッカリさせられそうだ。

 彼女は、程度は激しくないものの雌雄眼(目の大きさが左右で異なる)で、これは好き嫌いが激しく、外面はよいが内心は冷たく、夫や恋人の運気を削ぐ相。黒目大に垂れ目と、モテ相はあるも、薄い唇(理知的で冷静)ゆえ、恋愛成就は簡単ではない。

 左目尻にあるホクロは浮気ボクロで、尻軽相の1つ。浅くて細い人中(鼻の下の縦溝)も同様の傾向を持つ。田宅(上瞼)が広く、垂れ目、黒目大と揃って、中年以降は「よろめき夫人」となりやすい女相だ。

【官能度】は「3」。尻軽相は【モテ度】に算入するも、鼻相の抑止力が強く、【モテ度】は「4」寄りの「3」どまりと観る。

 膣肉の締まりが現れる口元の肉付きは薄めながら、口角(唇の両端)に締まりがあり、【名器度】は「2」寄りの「3」。口相に勢いがなく、金甲(小鼻)の張りも以前より落ちていて、【スタミナ度】は「2」と低め。

 すっきりした口元があげまん相で、眉尻の下がった穏やかな眉相と、おとなしめの臥蚕相もあげまん要素。垂れ目の相が足を引っ張るも、【あげまん度】は「3」と、現代女性としては高いほうだ。

 黒目大と眉相が良妻相ながら、強すぎる鼻相と雌雄眼が大きくマイナス。鼻下からアゴ先までが長くて晩年運はよいものの、法令線と口角のあいだに短い縦皺が入るのは再婚相だ。

 前述の左目尻のホクロは泣きボクロ(子供で苦労する)でもあり、浅い人中は子縁に薄い相で、総合的に観て【良妻度】は「2」と低くなった。

 彼女は金甲が左右非対称で、ギャンブル的な行動(投資や事業、結婚も含む)で一度は大失敗をやらかす相。雌雄眼といい、目尻のホクロといい、波乱と縁の深い女相と言わざるを得ない。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)