広瀬すず“ノーブラ衣装”大胆披露で囁かれる初フルオープンへの期待

広瀬すず“ノーブラ衣装”大胆披露で囁かれる初フルオープンへの期待

(提供:週刊実話)

女優の広瀬すずが新年早々、イベントにセクシーな“ノーブラドレス”で登壇し、大騒動を巻き起こしたという。

「広瀬は去る1月14日、資生堂スキンケアブランド『dプログラム』のCMキャラクター就任イベントに出席。右肩を大胆に露出したロングドレス姿で、今年の目標を“きれいな服に負けない肌になりたい”と宣言しました。ただ、来場者が最も気になったのは、美肌だけでなく、右胸の先端に浮き出た“ポッチ”だったのです」(芸能記者)

 実際、ネット上には、ニュースサイトなどからコピーしたとみられる“ポッチ”が浮かんだ画像が出回り、大きな騒ぎとなった。

「右肩をフルに出しているドレスの構造上、ノーブラなのは確実。となると右胸先端部の“ポッチ”はバストトップの可能性が極めて高い。しかも、堂々と胸を張っていただけに、確信犯的に仕掛けたことも考えられますね」(同・記者)

 広瀬は昨年9月、NHK朝ドラ『なつぞら』でヒロインを完走したばかり。同10月には『「Q」:A Night At The Kabuki』で初舞台を経験し、今年3月主演のコメディー映画『一度死んでみた』で主演するなどフル回転だ。

「しかし、スキャンダル絶対NGだった朝ドラヒロインを終えた解放感は強烈のはずで、広瀬は昨年10月、『しゃべくり007』(日本テレビ系)で“自宅泥酔全裸癖”を明かすなど、エロ本性を解禁し始めたのです。同番組では『何で服に私は縛られているんだ…チクショー、となって脱ぎたくなります』などと話し、露出癖疑惑も勃発。今回の“ポッチ”疑惑も同一線上にある行動の可能性が濃厚です」(芸能プロ幹部)

 広瀬は近年、キックボクシングや筋トレで肉体を鍛えている。それだけに「脱ぐ気満々」なようで、今回の“仕掛け”は電撃初ヌードの布石という見方も強い。

「広瀬は朝ドラで、撮影期間を含めると1年以上も“優等生”を演じ続けてきました。本来、やんちゃな性格のため、その反動で“とにかく過激な役をやりたい”と初脱ぎ&濡れ場願望を告白し始めています。今回の“挑発”疑惑やテレビでの露出癖的発言も観測気球の1つで、すでに広瀬の意思に目をつけた関係者が、年内公開の映画で初ヌード披露計画を立て、極秘打ち合わせを始めたといいます」(スポーツ紙記者)

 フルオープンなら、それこそ大事件になること確実だ。

関連記事(外部サイト)