ジャニーズ帝国崩壊パンデミック 長瀬智也、KinKi続々退所危機

数多くの人気アイドルを輩出し、半世紀以上に渡り権勢を誇って来たジャニーズ事務所が内部崩壊寸前だという。震源地は元SMAP・中居正広(47)のジャニーズ退所。2月21日の会見で中居は“ジャニーズ事務所からの円満退所”をアピールしていたが、内実はかなりかけ離れた話になっているようだ。

「昨年7月、ジャニー喜多川社長が逝去して以来、実は中居以外にも独立を希望するタレントが出て来たんです。あまりの人数に事務所幹部はかなり慌てていました。こうした状況下で中居は独立に踏み切ったわけです。当然、一旦は独立を諦めていた他の所属タレントらも、中居につられる形で再び独立を画策するようになった。これは非常にやばい状態なんです」(ジャニーズ事務所関係者)

 すでにテレビ界や芸能界で「中居の次」として指摘されているのが、TOKIOの長瀬智也(41)だ。2月27日発売の『週刊文春』は、長瀬が来年春以降にジャニーズ事務所から退所する意向を伝えていると報じたのだ。

 事実なのか。
「残念ながら事実です。長瀬の独立はもはや止めるのは不可能なところまで来ている」(日本テレビ関係者)

 長瀬にとって終始一貫しているのが音楽活動へのこだわり。TOKIOはジャニーズ事務所のタレントとしては珍しく、それぞれが楽器をこなし、ロックバンドとしての活動を中心にしてきたグループだ。

「長瀬はギターを弾きながらのボーカル、リーダーの城島茂(49)はギター、松岡昌宏(43)はドラム、国分太一(45)はキーボードが担当だったんです。だが、ベース担当の山口達也(48)が不祥事で2018年5月に退所して以来、音楽活動は休止状態になってしまった」(芸能記者)

 音楽活動再開を目指し、長瀬は事務所幹部や他メンバーらに山口復帰を直訴していたという。

「一時期、長瀬の訴えを聞き、真剣に山口復帰に動いていたのがジャニー喜多川氏だった。だが、昨年7月に鬼籍に入ったことで話はウヤムヤになったんです。他のメンバーが音楽活動には否定的で、事務所はTOKIOの音楽活動を保留にしたままなんです」(テレビキー局幹部)

 TOKIOでの音楽活動を断念した長瀬は、アーティストとしてソロ活動を画策した。しかし…。

「ジャニーズ事務所として最優先すべきはジャニーズJr.のデビューを早めること。『Twenty Twenty(2020=通称トニトニ)』構想の実現化です。皮肉な話ですが、こうしたプランが出て来た背景はTOKIOを筆頭に、KinKi Kids、関ジャニ∞らの活動休止や解散を見据えているからです」(音楽関係者)

 結果、長瀬はジャニーズを飛び出し、他事務所で音楽活動を展開することを決めた流れだ。気になるのは、TOKIOの今後。いずれにせよ、大きな鍵を握っているのが人気番組である『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)。

「日テレとしては長瀬が抜けた場合は、正直、微妙。今後の指針を決定するのが3月29日に放送される3時間SP『ザ!鉄腕!DASH!!今夜完結!俺たちのカレーさらにDASH海岸&DASH島SP』です。番組視聴率次第では、打ち切りも視野に入れざるを得ないと考えている。長瀬がジャニーズに残っている内に結論を出したいんです」(日テレ関係者)

 一方のジャニーズサイドは長瀬がTOKIOから脱退しても『鉄腕!DASH!!』は継続したい意向。

「城島、国分、松岡の3人でTOKIOを維持する。『鉄腕!DASH!!』には助っ人として“Twenty Twenty”のジャニーズJr.の中から2〜3人を派遣。視聴率的に厳しい場合はKing & Princeの平野紫耀(23)やSexy Zoneの中島健人(25)らの起用も打診しています」(放送作家)

 驚くのはジャニーズ事務所からの独立を考えているタレントは、長瀬以外にも存在することだ。

「KinKi Kidsの堂本剛(40)と堂本光一(41)の退所はほぼ確定的だといわれています。理由は3つある。1つはジャニー喜多川という大きな後ろ盾を失ったこと。2つ目は、光一も剛も年下で後輩の滝沢秀明副社長(37)とソリが合わない。特に、光一は舞台の演技指導や演出家として後輩を指導するポジションを切望していた。滝沢とモロ被りしてしまう。そして、決定打となるのが3つ目の光一と剛の不仲です」(ジャニーズ事情通)

 滝沢副社長は、他の先輩タレントらとの軋轢も囁かれている。

「真っすぐな性格なため、誰に対してもハッキリ物を言ってしまう。中居が事務所を去ったことで、大幹部候補となった木村拓哉(47)とも馬が合わない」(同)

 ジャニーズ事務所は経営的にも逆風に晒されかねない危機にある。感染拡大が止まらない新型コロナウイルス騒動を受け、予定していたコンサートを相次いで中止にせざるを得ない状況だからだ。

「コンサートの興行収入がなくなるのはかなり痛い。2〜3月に開催予定だったSixTONESやNEWS、Kis−My−Ft2の舞祭組、堂本光一、さらに4月の嵐の中国・北京コンサートは中止になった。嵐に関しては8月以降に予定していたファイナルコンサートツアーも現状のままだと中止です。コンサートが中止になるのはジャニーズだけではないが、規模と収益の桁が違うんです。ジャニーズは最悪、数千億円の損害になるかもしれません。場合によっては分社化の道も出てきますよ」(レコード会社幹部)

 ジャニーズは内外とも未曽有の危機に瀕している。

関連記事(外部サイト)