TBS古谷有美アナ“元カレ破局から超スピード新恋人”に思いも寄らない風評

TBS古谷有美アナ“元カレ破局から超スピード新恋人”に思いも寄らない風評

(提供:週刊実話)

「思いも寄らない風評が立ってしまうのも致し方ないのかもしれません」(女子アナライター)

 TBSの古谷有美アナウンサーが、外資系金融機関勤務の30代男性と“同棲”していることが明らかになった。

「2人は昨秋に出会い、意気投合。すぐ、一緒に住むようになったそうです。同居するマンションから、2人して出掛ける写真もバッチリ撮られています」(芸能記者)

 来る3月23日で32歳になる彼女の実力と美しさは“TBSイチ”といわれてきた。

「愛称は“ゆうみん”。2008年の『ミス・ソフィア』です。『ヤングジャンプ』のグラビアを飾ったこともあります。その脚線美もいいのですが、もっといいのが熟れ熟れの“エフ級爆乳”。画面を見ているだけでも、自然に奮い勃ってきます。かつて、女子アナ好きで巨乳好きの小泉進次郎氏と“イイ仲”とウワサされたこともありました」(同・記者)

 そんな古谷アナは昨年4月、IT業界の風雲児との“京都・手つなぎ小旅行”が発覚。結婚間近と取り沙汰されていた。

「いわゆる“女子アナの曲がり角”というタイミングで、彼女は、フリーになるか、結婚するかの二者択一を迫られていたのです」(TBS関係者)

 結果、結婚へかじを切った古谷アナ。

「件の旅行も“相応の結果”を受け入れるつもりだったといいます。また、寝坊してラジオ番組に遅刻したときも、彼氏と“朝までイチャイチャしていたから”と囁かれたものでした」(前出の女子アナライター)

 しかし、IT企業社長とは昨年10月に破局。

「社長の会社が多額の赤字を抱え、実質的に経営破綻。タダ同然で大手に買収されてしまったのです」(経済ライター)
“社長夫人”の夢が破れた古谷アナは、“カネの切れ目が縁の切れ目”とばかりに社長のもとを離れ、直後に出会った今の彼氏に“乗り換えた”という次第だ。

「ま、彼女は“花の独身女子アナ”なのですから、恋愛は自由。ただ、局内では彼女の“打算的”とも思える行動に、“尻軽女”と揶揄する声も上がっているようです」(前出の女子アナライター)

“寿退社”に固執するあまり、とんだ風評被害にさらされている古谷アナだが、ファンからすれば、そんな“どこ吹く風”の余裕の表情もまた、魅力的なのだろう。

関連記事(外部サイト)