〈貞淑美女タレントの性白書〉四十路人妻フリー女子アナ秘密の豊潤下半身(3)

〈貞淑美女タレントの性白書〉四十路人妻フリー女子アナ秘密の豊潤下半身(3)

(提供:週刊実話)

「人妻名コンビ」高島&中野

『サタデーステーション』(テレビ朝日系)の高島彩(1979年2月18日生まれ・41歳)は、フジテレビ入社当時、『史上最強の女子アナ』と評された。

「まさに、“新人類”でした。愛らしいルックスながら、麻雀好き、居酒屋好きを公言していて、そのギャップが凄かった」(フジテレビ関係者)

 もっとも、2011年10月、『ゆず』の北川悠仁と結婚し、2児の母となってからは一転、“良妻賢母”に大変身。

「それでも、かわいらしさは全く衰えていません。セーラー服を着ても、十分に“イケる”と思います。ただ、悠仁の母親との“嫁姑バトル”は、いまだに続いているようです」(前出・女性誌記者)

 その高島とフジテレビ時代から“名コンビ”と言われているのが中野美奈子(1979年12月14日生まれ・40歳)。

「高島が“アヤパン”なら、中野は“ナカミー”。アナウンス部の“泊まり”の当番の時は、仮眠室でよく“一緒に寝て”いました。パンティーも共有して使うほどの仲良しでした」(テレビ局関係者)

 中野は結婚後、夫の赴任先のシンガポールへ渡ったが、現在は帰国。

「『乃木坂46のザ・ドリームバイト!〜働き方改革!夢への挑戦!〜』(フジテレビ系)をやりながら、トークやバラエティー番組にも出ています。しかし、実家は病院経営、夫は整形外科医なので、ガツガツしていません。3歳の男の子がいます」(前出・女子アナライター)

 小林麻耶(1979年7月12日生まれ・40歳)は、三谷幸喜作の舞台『罪のない嘘〜毎日がエイプリルフール』出演中で、全国各地を駆け回っている。

「一昨年7月、整体師でタレントでもある4歳年下のあきらと結婚しました」(スポーツ紙記者)

 TBSの局アナ時代から“天然”と揶揄されてきた小林だが、
「色々と悩んでいるようですが、何事にもトライするチャレンジ精神は大いに買うところです」(芸能プロ関係者)
 四十路になっても、まだまだピチピチ女子アナには負けられない!

関連記事(外部サイト)