福原遥“セクシー路線”失敗!? 同世代女優とは差が開くばかり…

“まいんちゃん”こと福原遥が“ワキ見せセクシー路線”にカジを切っている。この動きを歓迎する声が上がる一方で、「完全に不発」の声も出ている。

「広瀬すずや橋本環奈と同年代ですが、最近では人気に差が開いています。しかも、少し下の浜辺美波の追い上げもあり、福原は焦りを感じているのかもしれません。しかし急にワキ見せっていうのも、いまひとつな感じは否めませんね」(アイドル雑誌ライター)

 福原は5月22日発売のアイドル雑誌に、表紙とグラビアで登場。一部ニュースサイトでは『ヌーディーな衣装に身を包み、白く輝く美肌やノースリーブから美ワキもあらわにしており、“はじめて見る福原遥に会える”グラビアとなっている』と絶賛していた。

「表紙で髪の毛をかき上げながらワキ見せしているのですけれど、男性誌では“美ワキ”といって人気のポーズです。しかし両ワキ全開とはいかず、左のワキ見せだけ。その上、二の腕が妙に太くて、何だか腕に視線がいってしまう。この見せ方は残念ですね…」(同・ライター)

 さらに、この表紙写真には大きなマイナスポイントがあるという。

「もともと福原は顔がやや大きめ。ワキにこだわるあまり、顔を正面で撮り過ぎなのです。輪郭がクッキリだし、非常にデカ顔に見えます。セレクトミスか福原自身が選んだのかは不明ですけどね」(グラビア雑誌編集者)

 福原は、子役として子ども向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHK)の主人公・柊まいんを演じて人気を博す。その後、ドラマ『声ガール!』(テレビ朝日系)など主演作も多い。

「爽やか一点張りで、突き抜けたものがない。顔はどんどん大人びてきているのに、声は舌足らずの子ども声。全然年齢に合ってなくて、濃い恋愛ドラマには使えないといわれているのです」(テレビ雑誌編集者)

 紆余曲折あったものの清純派で売っていただけに、なぜ近年、路線変更に出たのか。

「身長160センチ、バスト83のCカップ。10代では純白のビキニをやっていたのに、最近は全然やりません。今さらワキ見せをしてもハンパ感しかない。今後は極少ビキニの方が絶対話題になります」(前出のグラビア雑誌編集者)

 今年8月で22歳になる福原。さらなる成長のカギはどこに潜んでいるのだろうか。

関連記事(外部サイト)