噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 清野菜名(25)セックスの回数は控えめ

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 清野菜名(25)セックスの回数は控えめ

(提供:週刊実話)

若手実力派女優、清野菜名が、俳優の生田斗真と結婚した。夫婦の相性は、顔相が相補的なので、互いの欠点を補い合えて吉だ。生田は口が大きめで口相に勢いがあり、清野の弱い口相をカバーしていて、晩年運とパワーを補っている。

 一方、鼻だけは同じタイプがよく、観ると2人の鼻相は共通点が多くて、実生活や人生の要所で考えが一致しやすく好相性だ。

 清野は眼光が柔らかく、頬骨が出ず、エラも張らず、総じて女性的な顔相。性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りがほどよく、黒目がちで、情感豊かなエロスの持ち主ながら、眼光に余分な艶や媚がなく、どちらかといえば淡泊だ。

 鼻が高く(プライド高し)、鼻の肉付きが薄く、シャープな鼻筋で(神経過敏で頑固)、小鼻に張りがなく(スタミナ少なし)、セックスに関しては自分から求めるタイプではなく、回数をこなすタイプでもない。

 眼形が垂れ目なのは、低い絶頂が長々と続く性感傾向を示しており、前述のスマートな鼻相からも、前戯に十分な時間と手間をかけた交わりを好む女相だ。

【官能度】は「2」寄りの「3」と平均値。【スタミナ度】は、小さめの口と歯列のアーチが小振りで、「1」に近い「2」とかなり低め。

 彼女の顔相で気になるのが、夫座妻座(鼻の付け根の目尻寄りの部分)にあるホクロで、男女関係や夫婦関係のトラブルを暗示するもの。また、目が水平ではなく(左が低く右が高い)、眉も左右で高低差があって、これらは再婚相だ。

 加えて、彼女は雌雄眼(左右で目の大きさが異なる)で、仕事のできる切れ者(異性にもモテる)ながら女性には強すぎ、波乱(離別や相手男性を尅する)を内包している。

 口が小さめで、黒目がち、垂れ目、やや丸目と、男性受けのよい相が並び、【モテ度】は「4」寄りの「3」と高め。【名器度】も、口元の肉付きと締まりは平凡ながら、膣道の雛型とされる耳穴の下のミゾが細くて深い名器相で、同じく「4」寄りの「3」と観る。

 眉相があげまん要素ではあるものの、乏しい金甲、豊かな臥蚕、垂れた眼形とマイナスのほうが断然多く、【あげまん度】は「2」寄りの「1」とかなり低い。

 彼女は年齢のわりに法令線が目立つが、これは真面目な仕事人間の相。結婚して家庭に入れば完璧な妻を目指すタイプで、昔ながらの良妻賢母になる可能性が大だ。

 目が大きくなく、眉が吊り上がらず、眉尻で優しく下がるところも良妻相で、夫座妻座のホクロに雌雄眼のマイナスと差し引きしても【良妻度】は「4」と高い。

 今後、軸足を女優の仕事に置いたままで行くのか、子供が生まれたりなどして家庭に移すかで、大きく人生の様相が変わる女相だ。

***************************************
【劉飛昶プロフィール】劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)