路線がブレなくても数字が伸び悩んだドラマ『M』

路線がブレなくても数字が伸び悩んだドラマ『M』

(提供:週刊実話)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレビ各局の連続ドラマは撮影の中止を余儀なくされ、初回の放送延期や中断が相次いだ。

 しかし、緊急事態宣言解除後、各局は撮影を再開。続々と新たに撮影したものが放送されている。

「各局とも『三密』状態を避けたり、極力、濃厚接触にあたるラブシーンを減らすなど感染拡大予防につとめている」(テレビ誌記者)

 ところが、そんな中、放送中断前とまったく路線がブレていないのが、歌手の浜崎あゆみ(41)の自伝的小説をドラマ化したテレビ朝日系の「M 愛すべき人がいて」だ。

「田中みな実アナ演じる眼帯をした美人秘書・礼香が最もそういうシーンが多く、20日の放送回では三浦翔平、白濱亜嵐とキスシーンがあった。さらに同じ放送回ではW主演の三浦と安斉かれんのベッドシーンもあった。ドラマを盛り上げるには必須のシーンだったようだ」(芸能記者)

 20日の放送回でも、相変わらずみな実アナの怪演はネット上で話題になったが、平均世帯視聴率は前回よりも1.3%ダウンの3.2%でそれまでの放送回で最低を記録してしまった。

 27日からはインターネットテレビ局・ABEMAでみな実アナが主演のスピンオフドラマがスタートするが、暗雲が漂い始めてしまった。

関連記事(外部サイト)