剛力彩芽“復縁”で独立にノリノリ!? 退所が相次ぐオスカーの危機

剛力彩芽“復縁”で独立にノリノリ!? 退所が相次ぐオスカーの危機

(提供:週刊実話)

『ZOZO』前社長・前澤友作氏と復縁した女優の剛力彩芽。彼女が幸せオーラ全開で買い物している姿を写真週刊誌『FRIDAY』が報じた。

 記事によると剛力は、高級ブランド『バレンシアガ』のショルダーバッグを斜めがけし、高級スーパーの買い物袋を提げて送迎車に乗り込み、そのまま前澤氏の住む高級マンションへ向かったという。剛力と前澤氏はたびたび、東京・麻布十番界隈でデートを楽しむ姿が目撃されており、どうやら復縁後は仲むつまじく過ごしているようだ。

「2018年4月に前澤氏との交際を公にした剛力ですが、その後は完全に仕事に対する意欲をなくし、12本あったCM契約が一時ゼロになるほどでした。所属事務所のオスカープロモーションは、剛力を多方面に売り込んでいただけに頭を抱えたといいます。前澤氏と破局後は、仕事にもヤル気を見せ始め、関係者一同ホッと胸をなで下ろしたといいますが、ここにきて復縁。仕事へのモチベーションが、どれだけ維持できているか不明ですね。しかも一部の関係者からは『事務所を退社するのではないか?』とのウワサも流れており、周囲をざわつかせています」(芸能記者)

 オスカープロモーションでは、昨年12月に退社した忽那汐里を皮切りに、今年2月には草刈民代が独立。3月にはヨンア、岡田結実、そして看板女優の米倉涼子までも退社した。理由は創設者一家の“お家騒動”だというが、剛力まで退社となれば、会社の存続問題にも発展しかねない。

 そんなウワサが流れる中、剛力がプロデュース業などを視野に入れた新会社を設立したことが週刊誌の報道で発覚した。

「オスカーは本人から報告を受けているようで、独立について『そのような事実はありません』とキッパリ否定しています。もっとも、この新会社は前澤氏の支援を受けて設立したもので、今後、前澤氏が剛力に何らかのアドバイスをするのは当然とも言えます。場合によっては、退社が現実になるかもしれませんね」(週刊誌記者)

 タレントが個人事務所を立ち上げるのは、独立への足掛かりにするため、というのは芸能関係者なら誰もが知ること。今後の剛力の動向に注目したい。

関連記事(外部サイト)