数字よりも急きょ決まった共演者との関係が注目される石原さとみ

数字よりも急きょ決まった共演者との関係が注目される石原さとみ

(提供:週刊実話)

女優の石原さとみ(33)が主演を務めるフジテレビ系の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が16日にスタートし、初回の平均世帯視聴率は10・2%、個人視聴率は5・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。

 本来なら4月9日にスタートする予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で初回放送が延期。約3カ月遅れでのスタート。日本の連続ドラマ史上初の病院薬剤師を主人公にした医療ドラマだが、数字は伸びなかった。

「このところ、主演ドラマが相次いで振るわない石原。今回のドラマに対しては並々ならぬ意気込みで臨んでいるようだが、すでに視聴者に飽きられてしまっているようだ。内容が地味過ぎたこともあり、次回では早くもシングル(1ケタ)転落もありそう」(テレビ局関係者)

 このところ、まったく浮いたうわさがない石原。きっと、悶々とした日々を送っているに違いないが、そんな状況だけに、数字よりも共演者が気になって仕方ないはずだというのだ。

「脳出血の緊急手術を受け療養中の清原翔に代わって成田凌が謎の青年役で出演。成田といえば、元彼女は戸田恵梨香で、かなりの巨根の持ち主として知られている。石原にアプローチされて断れる男がいるはずがなく、ドラマが終わるまでには“濃厚接触”してしまっている可能性もありそうだ」(芸能記者)

 ドラマのストーリーより、2人の関係が気になるところだ。

関連記事(外部サイト)