TOKIO新会社設立の陰に山口達也の救済計画

ジャニーズ事務所が再び大激震に見舞われている。

 元SMAPの中居正広、NEWSの手越祐也に続き、今度はTOKIOの長瀬智也(41)がファンクラブサイトで突然退所を発表(7月22日)したのだ。

「来年3月末までの所属です。現在のところ、他のプロダクションには所属せず、個人での活動を摸索しています。本人はとにかく、やりたいことが沢山あるそうです。アーティストや音楽プロデューサー、デザイナー、俳優兼映画監督などです」(ジャニーズ事情通)

 もっとも、独立する長瀬の未来は、決して順風満帆ではないという。

「長瀬はTOKIOメンバーの中で一番計画性がなく、自分の感情に任せて突っ走るところがある。これまで仕事があったのは、ジャニーズ事務所の傘のお陰だったことに気づいていない。自分の力を過信しているんです。その点、手越は用意周到、タニマチに囲まれて独立を果たした。早晩、長瀬は仕事がなくなり、食べていくのに困ることになるはずです」(同)

 今回、長瀬が独立したことでテレビ関係者の関心は3人体制となる新生TOKIOの活動だ。

 TOKIOとして出演する長寿番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)と『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の2番組については、今後も継続される。また、長瀬以外の城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)の3人はソロ活動が主となる予定。

「来年4月にはジャニーズグループが親会社となって新会社『株式会社TOKIO』が設立されます。『鉄腕!DASH』内で培った農業やDIYブランドなどを立ち上げて、収入を得るんです。今後、TOKIOとしてのアイドル活動は限りなくゼロになっていくでしょう」(芸能プロ幹部)

 長瀬独立報道と共に改めてクローズアップされているのが、2018年に脱退、退所した山口達也(48)の動向だ。早速、一部メディアは山口の活動再開について報じている。

「不倫でも芸能界を追われる時代です。女子高生相手に行ったわいせつ行為の過去は絶対に消えない。山口に居場所はありませんよ」(民放キー局幹部)

 しかし、山口に対しては違った救済方法が用意されているという。

「『株式会社TOKIO』に入社してもらう。そこで一営業マンとなってTOKIOブランドの農作物やグッズなどをセールスするんです。元TOKIOメンバーという最高の看板があれば営業もしやすい。現在は営業副部長のポジションで迎え入れる予定です。成功したら部長にするとの考えだそうです」(前出・ジャニーズ事情通)

 山口再合流は見ものだ。

関連記事(外部サイト)