安藤優子“鬼畜ぶり”が大炎上!「炎天下で中継させて笑ってるなんて…」

安藤優子“鬼畜ぶり”が大炎上!「炎天下で中継させて笑ってるなんて…」

(提供:週刊実話)

キャスターの安藤優子が「鬼畜過ぎる!」と大炎上中だ。事件が起きたのは8月19日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)での中継リポートでのこと。

 午後2時過ぎ、炎天下の京都・渡月橋で現地の様子をリポートしようとした女性ディレクターが、突如、異変を訴えた。女性ディレクターは、猛暑対策として“日焼け止めを塗る”“ペットボトルを凍らせてそこにきゅうりを入れる”などの方法を紹介していたが、途中から「あとは、何だったっけかな…。暑過ぎて頭がぼけっとしてるんですね。ごめんなさい…」と急にしどろもどろに。そのまま中継を続けることが無理と判断し「えー、(スタジオに)お返ししておきますね」と最後の声を振り絞った。

 これを受けたスタジオの安藤は、「えー、返しちゃうの? 私、返されたのね?」と大笑い。さらに、「もう1回お返ししていいですかー」と強制的に中継を続けさせようとした。女性ディレクターは一瞬、固まり「か、返しちゃいますよね。そうですよね…」と棒立ちとなった…。

「その後、危険と感じた共演MCの高橋克実が『休息した方がいい』と声を上げ、カンニング竹山ら出演者も『早く車に入って休んで!』と訴えました。この緊急事態にスタジオには緊張感が走りましたが、安藤はこの時点になっても、事の重要性を理解しておらず、『今ありましたでしょ。きゅうり持ってらっしゃる方いますよね、実際に』と笑ってコメントしていました。安藤の冷酷な“鬼の仕打ち”に、番組には苦情の電話が殺到したといいます」(芸能記者)

 ネット上では、
《リポーターフラフラしてるのに、安藤笑ってるよ。鬼だな》
《リポーターが暑くてしんどそうにしてたのに笑いながらまた現場に戻すって…。倒れたらどうするつもりなんだろ》
《自分は涼しいスタジオにいながら、『返しちゃうの?』ってどういうつもりだよ! お前が中継に行けよ!》
《安藤さんこわっ! あんな分かりやすく危ない状態を見てもヘラヘラしてる。鬼畜だな》
《安藤優子は今から京都まで行って、さっきのリポーターに炎天下のマンホールの上で土下座しろ!》
 など、非難の声が吹き荒れている。

 今年は東京都だけでも熱中症で100人以上が死亡している。暴風雨の中の台風中継同様、炎天下の中、マスク姿での猛暑中継も、そろそろ見直す必要があり

関連記事(外部サイト)