独立でレギュラーが消滅しそうな剛力彩芽

独立でレギュラーが消滅しそうな剛力彩芽

(提供:週刊実話)

女優の剛力彩芽が、8月31日で所属事務所「オスカープロモーション」を退社した。

 剛力は自身のインスタグラムで退社を報告。「これからは自分自身で考え選択し挑戦していくという新しい環境の中、表現者としてより一層皆さまに笑顔と感謝をお届けできるよう、誠心誠意頑張ってまいります。よろしくお願いいたします」と決意を表明した。

「今後は、自身が代表を務める個人事務所で活動するようだが、同社の設立には、剛力が交際中のファッション通販サイト・ZOZOの創業者である前澤友作氏の知人が絡んでいる。今後、前澤氏から何らかの形でバックアップを受けることになりそうだ」(芸能記者)

 剛力と前澤氏は18年4月に交際が発覚していたが、昨年11月に破局。そして、今年2月に復縁が報じられていた。剛力が個人事務所を設立したのは今年3月。そして、8月に独立しただけに、前澤氏からのアドバイスがあったことは想像に難くないが、独立により、レギュラーが消滅する可能性が浮上しているというのだ。

「前澤氏との交際発覚後、CMは降板させられ、一時期、女優業の仕事がなくなってしまった。というのも、テレビ局も含め、エンタメ業界の上の方は、昔のホリエモンがそうだったように、いわば“成金”の企業家たちにアレルギーがある。もはや、起用する方もオスカープロの顔色をうかがう必要がないので、おそらく、剛力は唯一のレギュラー番組であるフジテレビ系『奇跡体験!アンビリバボー』を降板させられるのでは」(テレビ局関係者)

 前澤氏がどんどんCMを出稿すれば状況は変わりそうだが…。

関連記事(外部サイト)