5組競演K−POPライブ 11月と1月、衛星放送で放映も

5組競演K−POPライブ 11月と1月、衛星放送で放映も

SUPERJUNIORのイトゥク(右)とキュヒョン=いずれも横浜アリーナ

 韓国のドラマやバラエティー、音楽番組などを放送している衛星放送局KNTVとDATVが、それぞれ開局20周年、7周年を記念したK−POPイベント「AnniversaryLive2016」を1日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で開催した。昼夜の2回公演に約1万8千人のファンらが集まり、出演した5組のアーティストに声援を送った。

 司会はますだおかだの増田英彦とアイドルグループSUPERJUNIORのイトゥクが務め、同グループのキュヒョン、「野獣アイドル」として高い人気を誇るアイドルグループ2PM、実力派バラード歌手K.will、今年デビューした新人ボーイズグループNCT、日韓で活躍するボーイズグループBEESHUFFLEが出演。

 ステージの合間にフォトセッションを行い、衛星放送スカパー!の公式キャラクター、スカッピーとともにポーズをとった。

 夜のステージでソロ5曲をしっとりと歌い上げたキュヒョンは、終始日本語でトークやギャグをこなし、端正な歌いぶりとのギャップで魅了した。

 K.willは人気ドラマ「太陽の末裔」や「最高の愛恋はドゥグンドゥグン」の挿入歌を披露。サビの部分を来場者らが歌えることに驚きながら「日本の方にもこんなに気に入っていただきうれしい」と笑顔で話した。

 同会場で単独ライブの経験がある2PMは「久しぶりですね」とあいさつ。セクシーなダンスとともにヒット曲を次々に熱唱し、会場を沸かせた。

 当日の様子はKNTVでスペシャルエディションを11月25日午後10時5分、DATVでディレクターズカット版を来年1月に放送する。