河北麻友子、歯が命アワード受賞 過酷ロケも「笑顔で乗り切る」 「歯が命アワード2017」表彰式2

 モデルで女優の河北麻友子さんが8月1日、東京都内で開かれた「歯が命アワード2017」表彰式に登場した。河北さんは受賞について「笑顔に関する賞をいただけたことはうれしく思います」と話し、出演している日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」を引き合いに出し、「出川(哲朗)さんと過酷なロケをしているのですが、笑顔で乗り切るのも一つの技」と振り返っていた。

 歯が命アワードは、健康で美しい歯を持ち、生き方が輝いている人に与えられる賞。白い歯を保つコツについて河北さんは「毎日の積み重ねが重要な気がします。歯を磨く、デンタルフロス(歯間ブラシ)、マウスウオッシュなどの毎日のケアにこだわっています」と話した。

 歯が命アワードは、歯みがき剤「アパガード」の発売元サンギが、日本記念日協会が認定した「歯が命の日」(8月1日)を記念して2015年から毎年開催している。歯科衛生士100人のアンケートと、委員会の選考で決定。第1回はフィギュアスケーターの荒川静香さんが受賞。第2回は一般の“働く女性”から選出された。