秋元才加、大島優子の留学「うらやましい」 自身は起業?「30歳めどに…」

 元「AKB48」の秋元才加さんが8月2日、東京都内で行われた、千葉県木更津市と川崎市を結ぶ東京湾アクアライン開通20周年を記念したFMヨコハマのラジオ番組「NEXCO東日本presents Aqua Line Party」記者発表会に出席した。番組内で架空の旅行会社「アクアラインパーティー」の“女社長”という肩書きになった秋元さんは「すごく気持ちいいなって、気づいてしまいまして」とご満悦。「会社、実際に立ち上げようかな。副業考えようかな」と野望を明かした。

 この日は、同番組をはじめ、海ほたるでのイベントや千葉県の観光施設などと連動した東京湾アクアライン20周年を記念したキャンペーンが発表され、秋元さんとタレントの小泉みゆきさんへのDJ任命式も行われた。

 秋元さんは「(出身地の)千葉県のお仕事は今までもやらせていただいたんですが、それが積み重なって今回の任命につながった。うれしい責任感を感じています」とコメント。社長の名刺ももらい、「社長っていう響きがいい。うれしいな」とにっこり。「人の上に立つのは大変でしょうけれど、30歳をめどに何か考えようかな。計画していきたい」と語った。

 イベント後の会見では、AKB48元メンバーで友人の大島優子さんの留学について聞かれ、「前から、いろんな世界を見てみたいという子だったので、彼女のこれからの将来や未来については、友人として背中を押す。きっとまた一回り成長して帰ってくると思う」とエールを送ったが、「正直、うらやましいな、かっこいいなという気持ちもある。彼女が海外に行っている間に、私も一回り成長して、頑張りたいな」と語っていた。

 ラジオ番組「NEXCO東日本presents Aqua Line Party」は、6日からFMヨコハマで放送スタート。毎週日曜午前11時43分から。