永作博美、“沈黙する”演技に「こんなに怖いのは久しぶり」「連続ドラマW 沈黙法廷」完成披露試写会2

 WOWOWの連続ドラマ「沈黙法廷」の完成披露試写会が9月21日、東京都内で行われ主演の永作博美さんが共演の市原隼人さん、田中哲司とともに登場した。

 ドラマは、佐々木譲さんの「沈黙法廷」(新潮社)が原作。1人暮らしの高齢者の絞殺体が発見され、捜査線上に家事代行業を営む女性・山本美紀(永作さん)が浮上。彼女の自宅マンション前には、事件を捜査する警視庁赤羽署の刑事たちのほかに、埼玉県警の車両も訪れており、彼女の仕事先で複数の不審死が発生していた事実が明らかになる……というストーリー。

 高齢者の不審死連続事件の容疑者に浮上する女性・美紀を演じた永作さんは、タイトル通りのせりふの少ない“沈黙する”演技について「一言しゃべるのが怖くて、怖くて。せりふが少ない分、それにすべてが込められてしまうので、『はい』一つが初めて怖かった。こんなに怖いのは久しぶり」と振り返っていた。

 美紀の弁護に名乗りを上げる弁護士・矢田部完役の田中さんは、大事な法廷での長ぜりふシーンを明日に控え「今もこのへん(胸のあたり)がざわついている。こんなことをしていいんだろうか……」と苦笑い。それでもドラマの第1話を鑑賞した観客による主人公の結末予想で「無罪」の札を上げる人が多かったことから、「うれしかったですね。僕は弁護士役なので、うおー無罪だって」とちゃめっ気たっぷりの笑顔を見せていた。

 「連続ドラマW 沈黙法廷」はWOWOWプライムで24日から毎週日曜午後10時に放送。全5話で第1話は無料放送。