HKT48兒玉遥、20歳迎える宮脇咲良に助言「飲み過ぎ注意」 「ご乗車20億人達成記念」感謝セレモニー会見1

 アイドルグループ「HKT48」の兒玉遥さん、宮脇咲良さんが12月14日、東京都内で開かれた東京モノレールの「ご乗車20億人達成記念」感謝セレモニーに登場した。来年、20歳となる宮脇さんへ、年上の先輩としての助言を求められた21歳の兒玉さんは「成人といえばお酒。(宮脇さんは鹿児島県の)九州出身でお酒に強そうなので、飲み過ぎに注意」と話していた。

 セレモニーは、1964年に開業した東京モノレールの乗客数の累計が、今年の11月24日に20億人を突破したことを記念して開かれた。「20」の数字にちなんで20歳の利用者が東京モノレールに一日限定で無料で乗車できる企画(来年1月6〜8日)や、東京モノレールを題材にした川柳を募集するなどのキャンペーンを実施する。記念乗車券セット(2000円)も3000セット限定で発売する。

 HKT48は、同社のイメージキャラクターを務めており、この日は、松岡はなさん、矢吹奈子さんもそろって制服姿で出席。お祝いのくす玉開きをしたり、自作の川柳も披露した。自身の制服姿がデザインされた記念乗車券セットについて、兒玉さんは「すごく恥ずかしいけれどうれしい。制服のデザインは珍しいと思います」とアピールした。