古川雄輝&白洲迅、“リバイバル”するなら「ちやほやされたい」 Netflix「僕だけがいない街」プレミア試写会3

 俳優の古川雄輝さんが12月8日、東京都内で行われた動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」オリジナルドラマ「僕だけがいない街」のプレミア試写会に登場。古川さんは、母親を殺害した犯人を突き止めるため18年前に起きた小学生連続誘拐殺人事件の謎を追っていく主人公・藤沼悟を演じた。

 主人公は自分の身に降りかかる“事件”を食い止めなければ何度も同じ時間を繰り返してしまう「リバイバル」という現象に巻き込まれるが、「リバイバルするなら?」という質問に共演の白洲迅さんは「幼稚園児までさかのぼって『天才少年』とちやほやされたい」と回答。古川さんも「小学5年生ぐらいに戻りたい。帰国子女なので海外の小学校に行っていたんですけど、日本の小学校で生活してみたい。だいぶそのあとの人生が変わってくるんじゃないかな」と語り、「日本の小学校でちやほやされたらいいなと思います」と笑わせた。

 「僕だけがいない街」の原作は、2012年6月から16年3月まで「ヤングエース」(KADOKAWA)で連載された三部けいさんの人気マンガで、16年にはテレビアニメ化や実写映画化もされている。ドラマ版では、主人公・悟を古川さんが演じるほか、ヒロインの片桐愛梨を優希美青さん、悟の母親の佐知子を黒谷友香さんが演じ、15日から全世界で配信される。

 プレミア試写会には優希さん、黒谷さん、内川蓮生さん、柿原りんかさん、白洲迅さん、下山天監督も出席。18日に30歳を迎える古川さんと、11日に42歳を迎える黒谷さんを祝ってサプライズでバースデーケーキが登場する一幕もあった。