成宮寛貴、菜々緒との“濃厚”シーン振り返る 「台本に忠実に」 時代劇「連続ドラマW ふたがしら2」完成披露試写会1

 俳優の松山ケンイチさんが9月5日、東京都内で行われた主演の時代劇ドラマ「連続ドラマW ふたがしら2」(WOWOW)の完成披露試写会に出席。舞台あいさつには、菜々緒さん、早乙女太一さん、成宮寛貴さん、入江悠監督も登場。松山さんのコメントに、菜々緒さんは照れ笑いつつ、今回、成宮さんと演じたという濃厚なラブシーンを振り返って、「監督のご要望にお応えつつ、台本に忠実に演じさせていただきました。美しいシーンにもなっていると思うので、楽しみにしていただけたら」と自信をのぞかせた。相手役の成宮さんは「入江さんに言われるとおりにやっていたら、顔と体の位置に無理があったりして大変だった」と苦笑いしつつ、舞台裏を明かした。

 同ドラマは、昨年放送された「ふたがしら」の続編で、オノ・ナツメさんのマンガが原作。松山さん演じる弁蔵と早乙女さん演じる宗次の2人の盗賊が「脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく」をモットーに、巧妙な駆け引きやだまし合いで“つとめ”を遂行していく。今作は、前作で盗賊一味「赤目」を抜け、自分たちの盗賊一味「壱師」を築き、頭となった弁蔵と宗次が江戸の頂点を目指す姿が描かれる。

 成宮さんは「赤目」の頭・甚三郎役、菜々緒さんは甚三郎と恋仲にあるしたたかな女・おこん役で出演している。ドラマは、17日から毎週土曜午後10時に放送。全5話。初回は無料放送。