篠田麻里子、くノ一姿で意気込み 勘九郎「何人かぶっ倒れている」 舞台「真田十勇士」会見2

 歌舞伎俳優の中村勘九郎さんが9月11日、新国立劇場(東京都渋谷区)で行われた主演舞台「真田十勇士」の会見に演出の堤幸彦さんらと出席。同作は2014年に公演された舞台の再演で、22日からは映画版も公開される。勘九郎さんは前作に引き続き主人公の猿飛佐助を務める。

 勘九郎さんは「映画の合戦シーンはカット、カット(で撮影)なので、全力で立ち回りができたけど、それを舞台でやってしまうとぶっ倒れてしまう。だけどその熱を常に持っていなきゃいけないと思うし、本当に舞台裏で何人かぶっ倒れている。マジで倒れる人が出ないことを祈るだけ」と苦笑交じりに苦労を明かしていた。

 「真田十勇士」は戦国時代の武将・真田幸村が実は非力な人物で数々の武功は十勇士の猿飛佐助の作戦によるものだったという設定で、佐助ら真田十勇士の活躍などを描く。舞台は同日から「新国立劇場 中劇場」で上演。22日からは映画版も公開される。

 この日は、共演の篠田麻里子さん、加藤雅也さん、浅野ゆう子さん、加藤和樹さんらも出席。女忍者・火垂を演じる篠田さんは「殺陣というか刀を持って動くのが初めてで、本当に殺しに行くという気持ちがないと成り立たないという話をされていて、でも、リアルでやっちゃうとけがをしてしまうので、自分の止める位置だったり、自分の間とかのアドバイスをもらった。勉強になった」と振り返り、この日の初日に向け、「とても緊張しているけど、今出し切れる自分の全力で今日は乗り切りたい、楽しみたい」と意気込んでいた。