「ミス美しい20代」グランプリは大分県出身の21歳の大学生! 「ミス美しい20代コンテスト」授賞式1

 20代女性を対象にした新たなコンテスト「第1回ミス美しい20代コンテスト」の受賞者が決定し、グランプリに大分県出身の21歳の大学生、是永瞳(これなが・ひとみ)さんが選ばれた。9月29日に東京都内で行われた発表会に登場した是永さんは「このグランプリという言葉がずっとずっとほしかったです。どうもありがとうございます!」と喜びを爆発させた。

 是永さんは、小、中、高、大学と空手を続けてきた、空手2段のスポーツウーマン。憧れの女性に米女優のアン・ハサウェイさんを挙げ、「カメレオンのようにいろんな役柄を演じていて、キュートなところも好きです」といい、将来は「いろいろなことにチャレンジしていきたい。2020年の東京五輪に空手が種目に選ばれたので、リポーターなどスポーツに関わる仕事や、料理も好きなのでそういった仕事もできたら」と希望していた。

 同グランプリは、後藤久美子さんや米倉涼子さん、上戸彩さんらが所属する芸能事務所「オスカープロモーション」主催のコンテストで、20代のモデル・女優として国内外で活躍するスターの発掘を目的に今年初開催。4万18通の応募の中から、第1、2次審査、最終審査で受賞者が選ばれた。

 準グランプリには大阪府出身の中谷モニカさん(23)と青森県出身の奥山かずささん(22)、モデル賞に西本有希(ゆうき)さん(23)、審査員特別賞に宮本茉由(まゆ)さん(21)が選ばれた。

 発表会には、オスカープロモーション所属の20代の女優、武井咲さん、剛力彩芽さん、河北麻友子さんも出席。武井さんは「本当にみなさん美しくて圧倒されました。今日の日を忘れずにこれから頑張っていってほしいなと思います」と同年代としてエールを送っていた。