ピコ太郎、PPAP大ブレークに「世の中おかしい」 ガールズアワード初登場で生パフォーマンス 「ガールズアワード2016 A/W」

 不思議ソング「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」でブレーク中のシンガー・ソングライターのピコ太郎さんがが10月8日、国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で開催されている日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward(ガールズアワード) 2016 AUTUMN/WINTER by マイナビ」にシークレットゲストとして初登場し、パフォーマンスを生披露した。

 ピコ太郎さんは53歳の千葉県出身シンガー・ソングライターで、パンチパーマにサングラス、ヒョウ柄衣装で、ペンパイナッポーアッポーペンという謎のフレーズの曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」で大きな話題を集めている。

 ピコ太郎さんは「なんと昨日、世界134カ国で配信が開始され、某サイトでは(チャートの)一つ上がジャスティン・ビーバーでした」と明かすと、「世の中おかしい」と思わず本音。またピコ太郎さんは客席から大きな歓声を浴びると「全員と結婚して離婚したい」と笑いを誘い、「PPAP」の“ガールズアワード・バージョン”も披露し、最後まで会場を盛り上げていた。

 ガールズアワードは2010年5月から毎年2回開催。14回目の今回は、中村アンさん、菜々緒さん、森星さんといった人気モデルが出演するほか、ゲストとして「AKB48」の小嶋陽菜さんや高橋愛さんも登場。ライブでは、赤西仁さんと山田孝之さんの音楽ユニット「JINTAKA」、「乃木坂46」「欅坂46」、西野カナさんらがパフォーマンスした。MCは、高橋みなみさん、「南海キャンディーズ」の山里亮太さん、フジテレビの三田友梨佳アナウンサー。