秋元才加、舞台で英国女性に メガネ&ロングワンピース姿も披露 舞台「夜が私を待っている〜ナイト・マスト・フォール〜」公開舞台げいこ2

 元AKB48で女優の秋元才加さんが10月14日、東京・紀伊國屋サザンシアターで行われた舞台「夜が私を待っている〜ナイト・マスト・フォール〜」(15〜30日上演)の公開舞台げいこに参加。けいこ前には会見も行われ、ヒロインの英国女性オリヴィアを演じる秋元さんは、シックな紺色のロングワンピース姿の役衣装で登場した。

 同舞台は、劇作家エムリン・ウィリアムズによって執筆された80年前の戯曲ながら、いまだ世界各地で上演され続けている心理サスペンスで、今回が日本初演。ロンドンの森の一軒家で暮らすブラムソン夫人と姪(めい)のオリヴィアは、近くに住むとある夫人の失踪事件を聞かされる。同じタイミングで、メイドが連れてきたウエイターのダンは、夫人を巧みな弁舌で丸め込み、夫人の元で働くことになるが……というストーリー。猜疑心にさいなまれ、絡まりあう人間模様が描かれている。会見には、秋元さんのほか、演出の河原雅彦さん、ダン役の入江甚儀さん、ブラムソン夫人役の前田美波里さんが出席した。