吉田羊、日本版「コールドケース」に自信 「世界に誇れるドラマを作った」 「連続ドラマW コールドケース〜真実の扉〜」第1話完成披露試写会4

 女優の吉田羊さんが10月12日、東京都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW コールドケース〜真実の扉〜」の第1話完成披露試写会に出席。同作は世界的大ヒットドラマ「コールドケース」の日本版で、主演の吉田さんは「今回の日本版、個人的に日本が世界に誇れるドラマを作ったと自負しています。出演者が自分の作品を面白かったということはハードルを上げることになるけれど、ハードルを上げてもなお、お釣りが来る」と自信を見せ、「1話でも見逃すと人生半分損するよと思っている」と力強くアピールした。

 「コールドケース」は、未解決殺人事件(通称コールドケース)の真相を解明する捜査チームの活躍を描いた刑事ドラマ。2003〜10年に全7シーズンにわたって米CBSで放送されたほか、全世界で放送・配信され人気を集めた。日本版はWOWOWの開局25周年記念企画として、神奈川県警を舞台に、全編4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)で制作。吉田さんが未解決事件の捜査をする刑事・石川百合を演じ、神奈川県警捜査1課の指揮官・本木秀俊役で三浦友和さん、百合の同僚役で永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さんも出演する。22日から毎週土曜午後10時に放送。全10話で初回は無料放送。

 この日の舞台あいさつには、永山さん、滝藤さん、光石さん、 三浦さん、波多野貴文監督も登場。ドラマの内容にちなみ、自身の“未解決事件”について話し出した永山さんは「僕はWOWOWの仕事が今回で5本目なんですが、まだWOWOWに加入していないんです」とカミングアウトし、吉田さんから「すぐに解決して!」と突っ込まれていた。