荒川静香、小原正子に「レイバック・イナバウアー返し」を“伝授” 「オタフクソース」イベント3

 フィギュアスケーターの荒川静香さんが5月26日、東京都内で行われたオタフクソースのイベントに、お笑いコンビ「クワバタオハラ」の小原正子さんとともに登場した。荒川さんは、ベージュを基調に、青の花柄があしらわれたノースリーブワンピース姿。首元にはボリュームのあるビーズのネックレス、足元はウエッジソールのサンダルを合わせた初夏の装いだった。

 イベントでは、料理研究家の高橋善郎さんが一日に食べるべき野菜の量の3分の2が摂取できるというレシピ「2/3 野菜のお好み焼」を実際に調理。荒川さんの指導で、小原さんがお好み焼きを「レイバック・イナバウアー返し」でひっくり返して仕上げた。荒川さんは「普通にお好み焼返すのも難しいのに、(イナバウアーは)難易度高かった」と評し、小原さんは「ソースとの相性が絶妙ですわ。間違いない!」と太鼓判を押した。荒川さんも「野菜の風味がして、野菜の水分が飛んでいなくてうれしい。ふわっと感が絶妙で、家庭ではなかなか出せなかったので、パーソナルベストです!」と笑顔でコメントした。同社は、10月10日の「お好み焼の日」に向けて、今後もさまざまな取り組みを行う予定。