宮野真守、先輩声優・土田大とのバディーに「運命感じる」 海外ドラマ「MACGYVER/マクガイバー」プレミア試写会1

 声優の宮野真守さんが6月6日、東京都内で開かれた海外ドラマ「MACGYVER/マクガイバー」のプレミア試写会に登場した。主役・マクガイバーの声を演じる宮野さんは、相棒・ジャックの声を担当する声優の土田大さんについて「デビューしたのが19歳で、そのときの相方が土田さんだった。バディー(相棒)としてやらせてもらったので運命を感じる」と話していた。

 宮野さんの成長について、土田さんは「まったく昔と変わっていません。性格が」と話しながら「宮野君のお芝居は自然で、掛け合いが楽しい」と絶賛。宮野さんも「土田さんとのバディーが楽しくて。テンポの良い掛け合いなので」と話していた。

 ドラマは、1980年代の大ヒットドラマ「冒険野郎マクガイバー」を25年ぶりにリメークしたテレビシリーズ。秘密組織のエージェントである主人公のマクガイバーが、元軍人で相棒のジャックや天才ハッカーのライリーと共に、持ち前のシャープな頭脳と天才的発想で難事件を鮮やかに解決していく。日本初放送はスーパー!ドラマTV独占で、14日から毎週水曜午後10時。