「けものフレンズ」サーバル役の尾崎由香、舞台版で「どったんばったん騒ぎたい」

 テレビアニメも人気の「けものフレンズ」の舞台版が6月14日、品川プリンスホテル クラブeX(東京都港区)で開幕した。上演を前に会見が行われ、サーバル役の尾崎由香さんら声優陣が出演し、尾崎さんは「千秋楽までどったんばったん騒ぎたい」と意気込み、「舞台はアニメとは違った魅力が満載。癒やされて帰ってほしいですね」と話した。  また、アライグマ役の小野早稀さんは「アライさんのように千秋楽まで突っ走りたい」と意気込んだ。舞台の脚本、演出を担当する村上大樹さんは「こんなに早く舞台化され、時間との戦いの中、初日を迎え、ワクワクしている」と語った。  「けものフレンズ」は、マンガ「ケロロ軍曹」などの吉崎観音さんがキャラクターのコンセプトデザインを手がけるメディアミックスプロジェクト。アニメでは、超巨大総合動物園・ジャパリパークを舞台に、迷子になったかばんや、女の子の姿となった動物・アニマルガールの冒険が描かれた。1〜3月に放送され、「わーい!」「すごーい!」「たーのしー」などというせりふも話題になっている。  舞台版は尾崎さんや小野さんのほか、フェネック役の本宮佳奈さん、ロイヤルペンギン役の佐々木未来さんらが出演。品川プリンスホテル クラブeXで18日まで上演される。