松田優作さん、“伝説の俳優”がVFXで蘇る 妻・松田美由紀が監修

 アサヒビールのアルコール飲料「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」の新CMに、故・松田優作さんが“登場”することが6月20日、明らかになった。松田さんの姿は、妻の美由紀さん監修のもと、最新のVFX技術で再現されたという。CMは、同日放送開始。  新CM「全く甘くない 9%チューハイ編」では、松田さんが一人で食事をしながら「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」を飲むシーンが映し出され、途中「甘くないと、全く甘くないは、全く違う」という松田さんのつぶやきが入る……という内容となっており、姿だけでなく“声”も再現されている。  監修に参加した美由紀さんは、「コンピューターグラフィックではオーストラリアの世界最高峰の技術を持つチームが参加してくださり、また、ハリウッド映画『ブラック・レイン』のように、優作が海外のチームと仕事したようでうれしかったです」と振り返り、「このCMの優作は、ハードボイルドのアクション映画のころをイメージしていますが、男の人が硬派な男の生き様を感じてくれたら、うれしいです」と語っている。