EXILE TAKAHIRO、初舞台は「本当にドキドキ」 舞台「MOJO」会見1

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のTAKAHIROさんが6月22日、品川プリンスホテル「クラブeX」(東京都港区)で23日から上演される主演舞台「MOJO(モジョ)」の公開ゲネプロの前に会見。TAKAHIROさんは今回が初舞台で「一言で言うと本当にドキドキです。けいこしてきて僕らが答えだと思っているものが、どう皆さんに伝わるのか。どういうところでリアクションが返ってきたり、どういう表情をしてくださるのか、自分たちもとても楽しみです」と語った。

 「MOJO」は、「007 スペクター」(2015年公開)の共同脚本も手掛けた英劇作家のジェズ・バターワースさんのデビュー作で、ロックンロール・カルチャー全盛の1950年代後半が舞台。ロンドンのクラブでは17歳のスター歌手、シルバー・ジョニーの利権を巡って地元のギャングとクラブオーナーの間にきな臭い空気が漂っており、そんなある日、事件が起こる……という内容。TAKAHIROさんはクラブオーナーの息子・ベイビーを演じ、波岡一喜さん、木村了さん、尾上寛之さん、味方良介さん、横田龍儀さんも出演する。7月14日まで同所で上演。