相田翔子、23年ぶりにセルフカバー 競馬場で生歌披露

 歌手で女優の相田翔子さんが6月28日、大井競馬場(東京都品川区)で行われた東京シティ競馬(TCK)のトゥインクルステージに登場し、2017年のTCKのテーマソング「Twinkle Twinkle 2017」を生歌で初披露した。セルフカバー曲を熱唱した相田さんは「久しぶりに歌ったので緊張しました」とにっこり。「相田さーん!」「翔子ちゃーん!」と声援を送るファンに手を振って応えていた。

 「Twinkle Twinkle 2017」は、1994年にTCKのタイアップ曲として使われた相田さんが所属したアイドルデュオ「Wink(ウインク)」の「トゥインクル トゥインクル」を、23年ぶりにリバイバル。新CMやウェブ動画では、今年度のTCK新イメージキャラクターに起用されているお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」とモデルでタレントのローラさんが出演し、同曲に合わせてダンスや“チャラい”ラップを披露している。

 相田さんは「23年前なんですね。昔のようで、ついこないだのように感じる」と振り返り、「(CMへの採用が)純粋にうれしい。私も(鈴木)早智子も、ウインクとして大好きな思い出深い曲でしたので、この時代に使っていただけることがすごくうれしかった」と喜んだ。セルフカバーは「曲もスピード感がアップして、ちょっとジャジーな部分もあって、馬が疾走している感じが出ている」と説明した。

 競馬については「CMに起用していただいた23年前に、初めて馬券を買った。うれしかった記憶がないので(外れた)」と思い出を披露。この日も2枚買ったというが、「1枚目(の『相田翔子来場記念競走』)は、残念(外れ)でした。いいんです。そこに応援する熱い気持ちがあるということがすごく楽しい」と話したが、2枚目はこれからレースが開始するこの日のメインレース「第40回帝王賞競走」の馬券だといい、「そこが楽しみです」と結果を待ち望んでいた。